五度圏

長音階・短音階および調号は、完全5度の間隔で並べられています。

●♯系統の長調性
表のように、完全5度ずつの上行形となっています。
C P5 G P5 D P5 A P5 E P5 B P5 F# P5 C#
♯0 ♯1 ♯2 ♯3 ♯4 ♯5 ♯6 ♯7

●♭系統の長調性
表のように、完全5度ずつ下行形となっています。
C P5 F P5 B♭ P5 E♭ P5 A♭ P5 D♭ P5 G♭ P5 C♭
♭0 ♭1 ♭2 ♭3 ♭4 ♭5 ♭6 ♭7
※P5=完全5度

いずれもCを起点とした完全5度の上進行(右回り)で♯が一つずつ増え、下進行(左回り)で♭がやはり一つずつ増えて、異名同調部分で合流します。このつながりを、循環した円形で表わした図を五度圏といいます。



▼五度圏(長調)

五度圏(長調).bmp

色枠で囲まれた3種類の調号は異名同調です。



●♯系統の短調性
表のように、完全5度ずつの上行形となっています。
Am P5 Em P5 Bm P5 F#m P5 C#m P5 G#m P5 D#m P5 A#m

●♭系統の短調性
表のように、完全5度ずつ下行形となっています。
Am P5 Dm P5 Gm P5 Cm P5 Fm P5 B♭m P5 E♭m P5 A♭m
※P5=完全5度

短調の場合はAmを起点にして、上進行(右回り)に♯系統の短調。下進行(左回り)に♭系統の短調が変化記号の増える順に並びます。

▼五度圏(短調)

五度圏(短調).bmp

色枠で囲まれた3種類の調号は異名同調です。