合竹の手移り手順一覧


笙のコード進行における、手移りの手順一覧です。表記は現行の雅楽演奏で用いられているコード進行で、現行の雅楽演奏で用いられていないコード進行は各当する合竹の覧に「-」と記しています。

合竹
(元)
合竹
(先)
手移りの手順
上を離して凢を押える。
上を離して乞を押える。
千を離して十を押える時に、乙から下へ指先を滑らせる。
(十) 千を離して十を押えるときに乙を離す。
八を離して美を押える時に、乙から下へ指先を滑らせる。
八・上の順に離し、一、凢を同時に押える。
乙を離して比を押える。
八を離して美を押える時に、乙から指裏を比へ移す。
乙を離す。※5
千・八・上の順に離し、工・美・凢を同時に押える。
凢を離して上を押える。
凢を離して乞を押える。
千・凢を離して十・上を押える時に、乙から下へ指先を滑らせる。
(十) 千・凢を離して十・上を押える。
八・凢の順に離して美・上を押える時に、乙から下へ指先を滑らせる。
八を離して、一を押える。
凢を離して上を押える時に比を押える。
八・凢の順に離して美・上を押える時に、乙から指裏を比へ移す。
凢を離して上を押える時に、乙を離す。
千・八の順に離して、工・美を同時に押える。
乞を離して上を押える。
乞を離して凢を押える。
千・乞の順に離し、十・上を押える時に、乙から下へ指先を滑らせる。
(十) 千・乞の順に離し、十・上を押える時に、乙を離す。
八・乞の順に離し、美・上を押える時に、乙から下へ指先を滑らせる。
八・乞の順に離し、一・凢を同時に押える。
乞を離して上を押える時に、乙から指裏を比へ移す。
八・乞の順に離し、美・上を同時に押える時に、乙から比へ指を移す。
乞を離して上を押える時に、乙を離す。
千・八・乞の順に離して、工・美・凢を同時に押える。
下を離して乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。
上・下の順に離し、凢・乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。
上・下の順に離し、乞・乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。
八を離し、美を押える時に、十から千へ指先を滑らせる。
八・上・下の順に離し、一・凢・乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。
下を離して指裏を比へ移す時に、十から千へ指先を滑らせる。
八・下を離して美・比を押える時に、十から千へ指先を滑らせる。
八・上の順に離し、下・十を同時に離し、美・凢・乙・工を同時に押える。
下を離して十を離し気替え後、千を押える(後打)。
(十) -
(十) 下を離して乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。
上・下の順に離し、凢・乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。
上・下の順に離し、乞・乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。
下を押える。※5
八を離し美を押える時に、十から千へ指先を滑らせる。
八・上の順に離し、一・凢・乙を押える時に十を離す。気替え後、千を押える(後打)。
指裏で比を押える時に、十から千へ指先を滑らせる。
-
-
-
下を離して乙を押える時に美を離し、気替え後、八を押える(後打)。
上・下を離して、凢・乙を押える時に美を離し、気替え後、八を押える(後打)。
上・下の順に離して乞・乙を押える時に美を離し、気替え後、八を押える(後打)。
千・美の順に離して、十・八を同時に押える。※4
(十) 千を離し十を押える時、美・下を離し、着替え後、八を押える(後打)。
上・美・下の順に離し、凢・一・乙を同時に押える。
下を離して指裏を比へ移す。
美を離して八を押える時に、下を離す。
千・下・上の順に離して、工・乙・凢を同時に押える。
-
凢・一の順に離し、八・上を同時に押える。
一を離して、八を押える。
凢を離して乞を押える時に一を離し、気替え後、八を押える(後打)。
千・凢・一の順に離して、十・八・上を押える時に乙から下へ指先を滑らせる。
(十) 千・凢・一の順に離して、十・八・上を押える時に乙を離す。
凢・一の順に離し、美・上を押える時に、乙から下へ指先を滑らせる。
凢・一の順に離し、八・上を押える時に、乙から指裏を比へ移す。
凢・一の順に離し、美・上を押える時に、乙から指裏を比へ移す。
凢・一の順に離し、八・上を押える時に乙を離す。
千・一の順に離し、工・美を同時に押える。
上を離し、凢・乙を同時に押える。※6
八を離し、美・下を同時に押える。※8
八・上を離し、一・凢・乙を同時に押える。※7
八を離し、美と比を同時に押える。
-
-
-
(十) -
-
-
比を離して乙を押える。
上・比の順に離し、凢・乙を同時に押える。
上・比の順に離し、乞・乙を同時に押える。
千・比の順に離し、十・下を同時に押える。
(十) 千・比を離し、十を押える。
八・比の順に離し、美・下を同時に押える。
八・上・比の順に離し、一・凢・乙を同時に押える。
-
-
-
比を離して、乙を押える時に美を離し、気替え後、八を押える(後打)。
上・比の順に離し、乞・乙を押える時に美を離し、気替え後、八を押える(後打)。
千・比、美の順に離して、十・下・八を同時に押える。※1
比を離して下を押える。
上・比・美を離して、凢・乙・一を同時に押える。※2
美を離し、八を押える時に比を離す。
-
-
-
(十) -
美・凢を離して、八・上を押える時に工を離し、気替え後、千を押える(後打)。
美を離して八を押える時に工を離し、気替え後、千を押える(後打)。
美・凢を離して八・乞を押える時に工を離し、気替え後、千を押える(後打)。
美・凢・工を離し、八・上・十を押さえる時、乙から下へ指先を滑らせる。
凢・乙を離して上・下を押える時に工を離し、気替え後、千を押える(後打)。※3
美を離して一を押える時に工を離し、気替え後、千を押える(後打)。
凢・工を離し上・千を押さえる時、乙から指裏を比へ移す。
美・?を離して工を離し、八・上を押える時に乙から指裏を比へ移し、気替え後、千を押える(後打)。
-
(十) -




註)
○「㈩」は双調の十。
○ 指穴は、指先の腹で押える。
○「離す」は、指を擦り下げながら行う。
○「すべらせる」は、乙→下等隣り竹の指穴へずらして押える。
○「移す」は、乙→比へ右人差指で指穴を移し押える。
○「後打」は気替え後の第2拍目(管絃)や、一拍半(舞立)に最後の指穴を押える。

※1...千・比を離して十・下を押える時に美を離し、気替え後、八を押える(後打)。
※2...美から一へ、左親指をすべらせる
※3...工→下 凢・工を離し、上、千を押さえる時、乙から下へすべらせる。
※4...千を離し、十を押える時に美を離し、気替え後、八を押える。
※5...手移りの口唱歌「インジャ」の「ジャ」にタイミングで、乙を離す。
※6...レアコード進行。「輪鼓褌脱」で用いる。
※7...レアコード進行。「平蛮楽」、「抜頭」で用いる。
※8...レアコード進行。「万秋楽序」で用いる。


更新情報
(05/22)五度圏
(05/21)平行調一覧
(05/17)スケール一覧
(01/25)久米歌 / 久米舞
(06/17)狛姓 辻氏