ご案内


世に奏づ 糸竹の声と うたまひに
    代々の調べの あると知らなむ





雅楽の世界へ、ようこそ参られました。筆者の蒼乃と申します。「歌舞管絃」では雅楽・音楽に関する事柄を綴っています。

当サイトは、筆者が2014年11月まで運営しておりましたウェブサイト「雅楽的音楽研究書」を更改したもので、内容を引継ぎつつ、加筆を続けています。

サイト内のコンテンツは、ゆるりと更新して参りますので、どうぞ気長にお付き合い下さい。尚、サイト内のオリジナル画像・音楽ファイルにつきましては、著作権は筆者にありますので、転載や譲渡はお控え下さいませ。







雅楽演奏家・龍笛奏者でありました芝佑靖先生が、去る令和元年7月5日にご逝去されました。先生の残された偉大な功績に思いを致すとともに、ここに慎んでご冥福をお祈りいたします。

わづかなる とし月の間の 師事なれど
 遥かな祁笛は いつも心に


筆者