五声・七声


●五声・七声

唐楽には伝統的な階名と、五声や七声などと呼ばれる音階があります。唐楽で用いられる階名には、ある調の源調である「均」の主音(トニック)を指す「宮」を基準として、「宮」から長二度を指す「商」、完全五度を指す「徴」等があります。そしてこれら階名で記された調の音階を「五声」「七声」と呼びます。

▼五・七音階の構成図@(ある「均」の宮を第一音「宮調」とした場合)
第一音からの音程完全一度長二度長三度増四度完全五度長六度長七度
(構成音列)
五声階名
(第一音)
(第二音)
(第三音)
(第四音)
(第五音)
(構成音列)
七声階名
(第一音)
(第二音)
(第三音)
(第四音)
変徴
(第五音)
(第六音)
(第七音)
変宮

▼五・七音階の構成図A(ある「均」の商を第一音「商調」とした場合)
第一音からの音程完全一度長二度長三度完全四度完全五度長六度長七度
(構成音列)
五声階名
(第一音)
(第二音)
(第三音)
(第四音)
(第五音)
(構成音列)
七声階名
(第一音)
(第二音)
(第三音)
変徴
(第四音)
(第五音)
(第六音)
変宮
(第七音)

▼五・七音階の構成図B(ある「均」の羽を第一音「羽調」とした場合)
第一音からの音程完全一度長二度短三度完全四度完全五度長六度短七度
(構成音列)
五声階名
(第一音)

(第二音)
(第三音)
(第四音)
(第五音)徴
(構成音列)
七声階名
(第一音)
(第二音)
変宮
(第三音)
(第四音)
(第五音)
(第六音)
変徴
(第七音)




●音程と階名

鍵盤のイメージで十二律を表わし、音程と階名を考えてみます。

Tou_onmei2_4 ※唐古律で表記

■黄鐘均の場合

「黄鐘」を均とした場合、黄鐘均の主音自体の階名が「宮」となります。 無射均の場合は「無射」が「宮」となり、林鐘均の場合は「林鐘」が「宮」となります。 すなわち「宮」とは均の主音を指す階名です。

鍵盤図を見ると「黄鐘」の白鍵と隣の白鍵「太簇」との音程は長二度となります。この二音の音程の関係は「商」という階名で呼表わします。

次に「黄鐘」から「姑洗」を見た場合、最初単位の半音が計4つあることが解ります。この二音の音程は長三度となり、階名を「角」で表わします。

今度は「黄鐘」から「蕤賓」の音程ですが、これは増四度となっています。この二音の音程の関係は「変徴」という階名で表わします。

そして「黄鐘」から「林鐘」の場合ですが、この音程は完全五度となっています。この二音の音程の関係を、「徴」という階名で表わします。

さらに「黄鐘」から「南呂」の場合の音程は長6度で「羽」、「應鐘」の場合は長七度で「変宮」という階名で表わします。

以上の内容から「黄鐘均」の構成を成す音律は、

-黄鐘-太簇-姑洗-蕤賓-林鐘-南呂-應鐘-

となり、どの音律を音階の第一音とするかによって、「宮調」「商調」「羽調」などの「調性」が決定つけられます。例として「黄鐘均宮調」の音階と階名、均の主音からの音程を記すと、以下の表になります。

▼黄鐘均宮調の五声・七声の音律と階名
第一音からの音程完全一度長二度長三度増四度完全五度長六度長七度
五声階名
音律名

黄鐘

太簇

姑洗
-
-

林鐘

南呂
-
-
七声階名
音律名

黄鐘

太簇

姑洗
変徴
蕤賓

林鐘

南呂
変宮
應鐘


▼黄鐘均商調の五声・七声の音律と階名
第一音からの音程完全一度長二度長三度完全四度完全五度長六度長七度
五声階名
音律名

太簇

姑洗
-
-

林鐘

南呂
-
-

黄鐘
七声階名
音律名

太簇

姑洗
変徴
蕤賓

林鐘

南呂
変宮
應鐘

黄鐘


▼黄鐘均羽調の五声・七声の音律と階名
第一音からの音程完全一度長二度短三度完全四度完全五度長六度短七度
五声階名
音律名

南呂
-
-

黄鐘

太簇

姑洗
-
-

林鐘
七声階名
音律名

南呂
変宮
應鐘

黄鐘

太簇

姑洗
変徴
蕤賓

林鐘




●七声階名の称呼法をめぐる混乱

平安期の楽制改革で、日本雅楽の楽理の整理が行われた結果、輸入した唐六調の楽理との間には相違が生まれました。調によって変わることはない唐七声の音程関係ですが、日本では調の音階の第一音を「宮」として、改めて「商」「角」「徴」「羽」の階名を当てはめたため、本来の七声と一致しなくなりました。そこで「嬰」(半音上げる)という概念をつくり、独自に「律角」「嬰羽」の階名を加えて矛盾を解消しました。

▼十二律と日本雅楽の階名Gagaku_ontei2_2



※参考文献
(『雅楽を知る辞典』遠藤徹 株式会社東京堂出版 2013)
(「角調・曹娘褌脱」の訳譜について 芝佑靖 『日本音楽叢書(1)雅楽』音楽之友社 1990 所収)
(『新訂 梁塵秘抄』 佐佐木信綱校訂 岩波文庫 1993)