雅楽と古代中国の音名


雅楽で用いられている音名と、古代中国の音名を表記しています。音名とはオクターブ内の音を区別するもので12の名があり、またオクターブ離れた音は同じ音名で呼びます。
なお唐代の中国には雅楽律(古律)と俗楽律(新律)の2種があり、音の名称は変わりませんが、基本音律において雅楽律が長二度低くなっています。下図表には日本の雅楽音律名に加えて、唐代古律と新律の両方を記しています。

▼音名表記
英式 雅楽 俗楽律(新律) 雅楽律(古律)
C しんせん
神仙
ぶえき
無射
こうしょう
黄鐘
C# / D♭ かみむ
上無
おうしょう
應鐘
たいりょ
大呂
D いちこつ
壱越
こうしょう
黄鐘
たいそう
太簇
D# / E♭ たんぎん
断金
たいりょ
大呂
きょうしょう
夾鐘
E ひょうじょう
平調
たいそう
太簇
こせん
姑洗
F しょうぜつ
勝絶
きょうしょう
夾鐘
ちゅうろ
仲呂
F# / G♭ しもむ
下無
こせん
姑洗
すいひん
蕤賓
G そうじょう
双調
ちゅうろ
仲呂
りんしょう
林鐘
G# / A♭ ふしょう
鳧鐘
すいひん
蕤賓
いそく
夷則
A おうしき
黄鐘
りんしょう
林鐘
なんりょ
南呂
A# / B♭ らんけい
鸞鏡
いそく
夷則
ぶえき
無射
B ばんしき
盤渉
なんりょ
南呂
おうしょう
應鐘

※楽家録をはじめ日本の古楽書は、新律を用いて記されているものが多い。古律が用いられているものには「新撰楽譜」等がる。



上記表で記した音名を、西洋音楽の音名と合わせて見てみます。雅楽の楽器には12の音を明確に発声させる楽器がないため、洋楽器の鍵盤のイメージを用いて表してみます。

▼鍵盤のイメージで記した雅楽音律の音名図
Gagaku_onmei

▼鍵盤のイメージで記した俗楽律(新律)の音名図
Tou_onmei

▼鍵盤のイメージで記した雅楽律(古律)の音名図
Tou_onmei2_4


更新情報
(05/22)五度圏
(05/21)平行調一覧
(05/17)スケール一覧
(01/25)久米歌 / 久米舞
(06/17)狛姓 辻氏