雅楽と古代中国の音名


雅楽楽理を理解していく上で基本となるのは、音名の把握です。音名とはオクターブ内の音を区別するもので12の名があり、またオクターブ離れた音は同じ音名で呼びます。

■日本の雅楽で用いられている音名

壱越(いちこつ)、断金(たんぎん)、平調(ひょうじょう)、勝絶(しょうぜつ)、 下無(しもむ)、双調(そうじょう)、鳧鐘(ふしょう)、黄鐘(おうしき) 鸞鏡(らんけい)、盤渉(ばんしき)、神仙(しんせん)、上無(かみむ)

■古代中国で用いられていた音名

太簇(たいそう)、夾鐘(きょうしょう)、姑洗(こせん)、仲呂(ちゅうろ) 蕤賓(すいひん)、林鐘(りんしょう)、夷則(いそく)、南呂(なんりょ) 無射(ぶえき)、應鐘(おうしょう)、黄鐘(こうしょう)、大呂(たいりょ)

雅楽ですから「雅楽の音名」さえ把握しておけば良いかというと、実そうではありません。「楽家録」をはじめ、古楽書の類には古代中国の音名を使って表記されているものも多く、この先の項でもその音名を記しています。 「雅楽の音名」と合わせて、「古代中国の音名」も押さえておきたいものです。


▼各音名表
雅楽(和名) 古代中国 ドイツ
壱越

(いちこつ)
黄鐘

太簇
D D
断金

(たんぎん)
大呂

夾鐘
D#

E♭
Dis

Es
平調

(ひょうじょう)
太簇

姑洗
E E
勝絶

(しょうぜつ)
夾鐘

仲呂
F F
下無

(しもむ)
姑洗

蕤賓
F#

G♭
Fis

Ges
双調

(そうじょう)
仲呂

林鐘
G G
鳬鐘

(ふしょう)
蕤賓

夷則
G#

A♭
Gis

As
黄鐘

(おうしき)
林鐘

南呂
A A
鸞鏡

(らんけい)
夷則

無射
A#

B♭
Ais

B
盤渉

(ばんしき)
南呂

應鐘
B H
神仙

(しんせん)
無射

黄鐘
C C
上無

(かみむ)
應鐘

大呂
C#

D♭
Cis

Des

※古代中国音名の覧は、上段に俗楽律での音名、下段に雅楽律での音名をそれぞれ記しています。

Ex95