音律(おんりつ)


●音律

おん‐りつ【音律】
1 楽音の調子。また、音楽。 2 音の高さの相対的な関係を整理した体系。純正調・平均律など。

(「大辞泉」 小学館)


音律とは平たくいうと、1オクターブの中の音程の並び、または音階を構成するそれぞれの音の音高の関係だと言えると思います。雅楽では「楽律」という言葉も用いますが、同義語です。



●雅楽と西洋音楽の音名

雅楽で用いる音名を、西洋音楽の音名と合わせて見てみます。雅楽の楽器には12の音を明確に発声させる楽器がないため、洋楽器の鍵盤のイメージを使いて表してみます。

Gagaku_onmei

雅楽の音名と西洋音楽の音名(英名)とを合わせて見ると、以下の内容になります。

 しんせん
・神仙(C)
 かみむ
・上無(C#)
 いちこつ
・壱越(D)
 たんぎん
・断金(D#)
 ひょうじょう
・平調(E)
 しょうぜつ
・勝絶(F)
 しもむ
・下無(F#)
 そうじょう
・双調(G)
 ふしょう
・鳧鐘(G#)
 おうしき
・黄鐘(A)
 らんけい
・鸞鏡(A#)
 ばんしき
・盤渉(B)




●俗楽律と雅楽律

今度は古代中国(唐代)で用いられていた音名を、ポピュラー音楽の音名と合わせて見てみます。同じく洋楽器の鍵盤のイメージを使い、表してみます。
「図@」
Tou_onmei
古代中国の音名と西洋音楽の音名(英名)とを合わせて見ると、以下の内容になります。

 ぶえき
・無射(C)
 おうしょう
・應鐘(C#)
 こうしょう
・黄鐘(D)
 たいりょ
・大呂(D#)
 たいそう
・太簇(E)
 きょうしょう
・夾鐘(F)
 こせん
・姑洗(F#)
 ちゅうろ
・仲呂(G)
 すいひん
・蕤賓(G#)
 りんしょう
・林鐘(A)
 いそく
・夷則(A#)
 なんりょ
・南呂(B)


古代中国(唐代)で用いられていた音名と実音の対比は、もう一種類あります。
「図A」 Tou_onmei2_4

西洋音楽の音名とを合わせて見ると、以下の内容になります。

・黄鐘(C)
・大呂(C#)
・太簇(D)
・夾鐘(D#)
・姑洗(E)
・仲呂(F)
・蕤賓(F#)
・林鐘(G)
・夷則(G#)
・南呂(A)
・無射(A#)
・應鐘(B)


図@とAでは長2度の音程差がありますが、なぜ2種類あるのでしょうか。 実は古代中国の音律は時代による違いがあり、@を俗楽律(新律)、Aを雅楽律(古律)と呼びます。けれども日本の古楽書は、どちらかの表記で統一されているわけではありません。例えば「楽家録」では俗楽律が用いられていますが、「新撰楽譜」や「仁知要録」は雅楽律(古律)が用いられているなど、古楽書によって違いがあります。