古代中国の音階



雅楽(唐楽)の音階(調)について、その伝来と変化をこれからの項で解説していきたいと思います。音階や調については、難解な言葉が飛び交う雅楽の説明の中でもことさら複雑で、明確な説明は出来ませんが、雅楽々理の理解の一助となれるように、概要を記していきたいと思います。まずは唐楽の音階の元となっている、古代中国の音階を見てみましょう。




●均 「均」とは古代中国でのある主音、または基の音を表す音楽用語です。多少語弊はあると思いますが、「均」とは辞書を紐解くと以下のように表記されています。

中国の音楽理論で、調(音階)の第一音の高さを示す語。例えば、林鐘を第一音とする調を林鐘均という。

[ 大辞林 提供:三省堂 ]


古代中国の音律(調)には、ある基音(均)を基にした「○○均○調」という名称がつけられています。



●古代中国の音律(調) 古代の中国(周代)では、ポピュラー音楽と同じように十二律(十二の半音階)があり、一つ一つの音に「宮」・「商」・「角」・「変徴」・「徴」・「羽」・「変宮」を階名とした音階がありました。また階名の一つ一つの音を宮音(基音)とした「宮音階」、「商音階」、「角音階」、「変徴音階」、「徴音階」、「羽音階」、「変宮音階」の7種の音階により、合わせて84(12×7)の音階が理論上ありました。 以下に3種の音階を例に説明します。

Tou_onmei2_4

■黄鐘均宮調
黄鐘を均とし、「宮音」を基音とした音階

階名は「宮」・「商」・「角」・「変徴」・「徴」・「羽」・「変宮」となります。
音律は「無射」・「黄鐘」・「太簇」・「姑洗」・「仲呂」・「林鐘」・「南呂」となります。

■大呂均徴調
大呂を均とし、「徴音」を基音とした音階

階名は「徴」・「羽」・「変宮」・「宮」・「商」・「角」・「変徴」となります。
音律は「蕤賓」・「夷則」・「無射」・「應鐘」・「大呂」・「夾鐘」・「仲呂」となります。

■林鐘均羽調
林鐘を均とし、「羽音」を基音とした音階

階名は「羽」・「変宮」・「宮」・「商」・「角」・「変徴」・「徴」となります。
音律は「太簇」・「姑洗」・「仲呂」・「林鐘」・「南呂」・「應鐘」・「黄鐘」となります。


古代中国の唐代は時代により、音階の表記には雅楽律(古律)と俗楽律(新律)の二種類がありました。音律は変わりませんが、雅楽律は俗楽律よりも長二度低くなります。例えば雅楽律の黄鐘均商調(壱越調)は、黄鐘均宮調となります。以下の表は雅楽律での表記です。「楽家録」等多くの古楽書では俗楽律(新律)を用いているようですが、「仁知要録」などは雅楽律(古律)を用いています。 以下に、理論上構成される84種の音階を記載します。




▼古代中国の84種調式(音律は英名にて表記)

調子名 第1音 第2音 第3音 第4音 第5音 第6音 第7音


黄鐘均宮調 C D E F♯ G A B
黄鐘均商調 D E F♯ G A B C
黄鐘均角調 E F♯ G A B C D
黄鐘均変徴調 F♯ G A B C D E
黄鐘均徴調 G A B C D E F♯
黄鐘均羽調 A B C D E F♯ G
黄鐘均変宮調 B C D E F♯ G A


大呂均宮調 C♯ D♯ F G G♯ A♯ C
大呂均商調 D♯ F G G♯ A♯ C C♯
大呂均角調 F G G♯ A♯ C C♯ D♯
大呂均変徴調 G G♯ A♯ C C♯ D♯ F
大呂均徴調 G♯ A♯ C C♯ D♯ F G
大呂均羽調 A♯ C C♯ D♯ F G G♯
大呂均変宮調 C C♯ D♯ F G G♯ A♯


太簇均宮調 D E F♯ G♯ A B C♯
太簇均商調 E F♯ G♯ A B C♯ D
太簇均角調 F♯ G♯ A B C♯ D E
太簇均変徴調 G♯ A B C♯ D E F♯
太簇均徴調 A B C♯ D E F♯ G♯
太簇均羽調 B C♯ D E F♯ G♯ A
太簇均変宮調 C♯ D E F♯ G♯ A B


夾鐘均宮調 D♯ F G A A♯ C D
夾鐘均商調 F G A A♯ C D D♯
夾鐘均角調 G A A♯ C D D♯ F
夾鐘均変徴調 A A♯ C D D♯ F G
夾鐘均徴調 A♯ C D D♯ F G A
夾鐘均羽調 C D D♯ F G A A♯
夾鐘均変宮調 D D♯ F G A A♯ C


姑洗均宮調 E F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯
姑洗均商調 F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯ E
姑洗均角調 G♯ A♯ B C♯ D♯ E F♯
姑洗均変徴調 A♯ B C♯ D♯ E F♯ G♯
姑洗均徴調 B C♯ D♯ E F♯ G♯ A♯
姑洗均羽調 C♯ D♯ E F♯ G♯ A♯ B
姑洗均変宮調 D♯ E F♯ G♯ A♯ B C♯


仲呂均宮調 F G A B C D E
仲呂均商調 G A B C D E F
仲呂均角調 A B C D E F G
仲呂均変徴調 B C D E F G A
仲呂均徴調 C D E F G A B
仲呂均羽調 D E F G A B C
仲呂均変宮調 E F G A B C D


蕤賓均宮調 F♯ G♯ A♯ C C♯ D♯ F
蕤賓均商調 G♯ A♯ C C♯ D♯ F F♯
蕤賓均角調 A♯ C C♯ D♯ F F♯ G♯
蕤賓均変徴調 C C♯ D♯ F F♯ G♯ A♯
蕤賓均徴調 C♯ D♯ F F♯ G♯ A♯ C
蕤賓均羽調 D♯ F F♯ G♯ A♯ C C♯
蕤賓均変宮調 F F♯ G♯ A♯ C C♯ D♯


林鐘均宮調 G A B C♯ D E F♯
林鐘均商調 A B C♯ D E F♯ G
林鐘均角調 B C♯ D E F♯ G A
林鐘均変徴調 C♯ D E F♯ G A B
林鐘均徴調 D E F♯ G A B C♯
林鐘均羽調 E F♯ G A B C♯ D
林鐘均変宮調 F♯ G A B C♯ D E


夷則均宮調 G♯ A♯ C D D♯ F G
夷則均商調 A♯ C D D♯ F G G♯
夷則均角調 C D D♯ F G G♯ A♯
夷則均変徴調 D D♯ F G G♯ A♯ C
夷則均徴調 D♯ F G G♯ A♯ C D
夷則均羽調 F G G♯ A♯ C D D♯
夷則均変宮調 G G♯ A♯ C D D♯ F


南呂均宮調 A B C♯ D♯ E F♯ G♯
南呂均商調 B C♯ D♯ E F♯ G♯ A
南呂均角調 C♯ D♯ E F♯ G♯ A B
南呂均変徴調 D♯ E F♯ G♯ A B C♯
南呂均徴調 E F♯ G♯ A B C♯ D♯
南呂均羽調 F♯ G♯ A B C♯ D♯ E
南呂均変宮調 G♯ A B C♯ D♯ E F♯


無射均宮調 A♯ C D E F G A
無射均商調 C D E F G A A♯
無射均角調 D E F G A A♯ C
無射均変徴調 E F G A A♯ C D
無射均徴調 F G A A♯ C D E
無射均羽調 G A A♯ C D E F
無射均変宮調 A A♯ C D E F G


應鐘均宮調 B C♯ D♯ F F♯ G♯ A♯
應鐘均商調 C♯ D♯ F F♯ G♯ A♯ B
應鐘均角調 D♯ F F♯ G♯ A♯ B C♯
應鐘均変徴調 F F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯
應鐘均徴調 F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯ F
應鐘均羽調 G♯ A♯ B C♯ D♯ F F♯
應鐘均変宮調 A♯ B C♯ D♯ F F♯ G♯