「均」と「調」


■均

「均」とは古代中国ではある調の主音、または基の原調を指します。均はオクターブを意味する語でもあり、例えば「黄鐘均」とは十二律の黄鐘から黄鐘まで、「林鐘均」とは林鐘から林鐘までのオクターブを指します。辞書を紐解くと、以下のように記されています。

中国の音楽理論で、調(音階)の第一音の高さを示す語。例えば、林鐘を第一音とする調を林鐘均という。

[ 大辞林 提供:三省堂 ]


古代中国で考えられた「均」の概念は、日本では馴染まなかったのですが、例えば洋楽での「C」を基準で考えると、C・D・E・F・G・A・Bの七音からなる旋法の系列(調の基)が作られます。いうなればこれを「C均」と呼び、このような概念を均といいます。




■調

古代中国では、十二律のそれぞれの音律を均として生じる五声・七声の音階が考えられました。「調」とはそれら五声・七声音階の一音(「宮」「商」「角」「変徴」「徴」「羽」「変宮」のいずれか)をトニック(第一音)とした旋法のことで、宮音をトニックとした場合は宮調、羽音をトニックとした場合は羽調と呼びます。また各調名を表わす際は、音階の第一音にその調の基となる均(原調)を冠して「○○均ノ○調」と記します。

●黄鐘均宮調
黄鐘を均とし「宮」を基音(第一音)とした調

音階は「宮」・「商」・「角」・「変徴」・「徴」・「羽」・「変宮」となります。
音律は「黄鐘」・「太簇」・「姑洗」・「蕤賓」・「仲呂」・「林鐘」・「南呂」となります。

●大呂均徴調
大呂を均とし「徴」を基音(第一音)とした調

音階は「徴」・「羽」・「変宮」・「宮」・「商」・「角」・「変徴」となります。
音律は「夷則」・「無射」・「黄鐘」・「大呂」・「夾鐘」・「仲呂」・「林鐘」となります。

●林鐘均羽調
林鐘を均とし「羽」を基音(第一音)とした調

音階は「羽」・「変宮」・「宮」・「商」・「角」・「変徴」・「徴」となります。
音律は「姑洗」・「蕤賓」・「林鐘」・「南呂」・「應鐘」・「大呂」・「太簇」となります。



■「教会旋法」と「調」

「宮調」「商調」「角調」「羽調」はそれぞれ、教会旋法(モード)に当てはめると、以下のようになります。

●宮調 F・G・A・B・C・D・E
(Fリディアン)

●商調 G・A・B・C・D・E・F
(Gミクソリディアン)

●角調 A・B・C・D・E・F・G
(Aエオリアン)

●羽調 D・E・F・G・A・B・C
(Dドリアン)



■唐古律と唐俗律

中国の十二律は、時代によって音の高さが変わります。「黄鐘」を「D」としたものを「唐俗律」(俗楽律)、「黄鐘」を「C」としたものを「唐古律」(雅楽律)といい、音律名は変わりませんが、雅楽律は俗楽律よりも長二度低くなります。「楽家録」等、日本の多くの古楽書では俗楽律が用いられていますが、「新撰楽譜」や「三五要録」などは雅楽律を用いています。

▼唐古律による音律図
Tou_onmei2_4
▼唐俗律による音律図
Tou_onmei



■隋代の八十四調

周の武帝の御世に、茲人の蘇祗婆によって、十二律のそれぞれの音律を均とし、そこから生じる七声を合わせた音楽体系が伝えられました。、理論上八十四の調(12均×7調)が創出され、開皇二年(582)年に鄭訳※1 によって、隋の文帝に奏上されました。


先是周武帝時、有龜茲人曰蘇祗婆、從突厥皇后入國、善胡琵琶 聽其所奏、一均之中間有七聲因而問之、答云「父在西域、稱爲知音 代相傳習、調有七種」以其七調、勘校七聲、冥若合符 -中略- 其聲亦應黃鍾、太簇、林鍾、南呂、姑洗五均、已外七律、更無調聲 -中略- 合成十二、以應十二律 律有七音、音立一調、故成七調十二律、合八十四調、旋轉相交、盡皆和合
引用(『隋書』点校本 魏徴 等撰 中華書局)

上記を書き下すと「一均の中間に七声有り。因て之問ふに答へて云く、父は西域に在り、知音爲りと稱せらる。代相傳習し、調に七種有りと。其の七調を以て七声を勘校するに符を合すが若く冥ふ」となりますが、このようにして理論化された十二律七声の八十四調が、鄭訳によって提唱されました。

▼八十四種調式(音律は唐古律による英名にて表記)
調子名 第1音 第2音 第3音 第4音 第5音 第6音 第7音


黄鐘均宮調 C D E F♯ G A B
黄鐘均商調 D E F♯ G A B C
黄鐘均角調 E F♯ G A B C D
黄鐘均変徴調 F♯ G A B C D E
黄鐘均徴調 G A B C D E F♯
黄鐘均羽調 A B C D E F♯ G
黄鐘均変宮調 B C D E F♯ G A


大呂均宮調 C♯ D♯ F G G♯ A♯ C
大呂均商調 D♯ F G G♯ A♯ C C♯
大呂均角調 F G G♯ A♯ C C♯ D♯
大呂均変徴調 G G♯ A♯ C C♯ D♯ F
大呂均徴調 G♯ A♯ C C♯ D♯ F G
大呂均羽調 A♯ C C♯ D♯ F G G♯
大呂均変宮調 C C♯ D♯ F G G♯ A♯


太簇均宮調 D E F♯ G♯ A B C♯
太簇均商調 E F♯ G♯ A B C♯ D
太簇均角調 F♯ G♯ A B C♯ D E
太簇均変徴調 G♯ A B C♯ D E F♯
太簇均徴調 A B C♯ D E F♯ G♯
太簇均羽調 B C♯ D E F♯ G♯ A
太簇均変宮調 C♯ D E F♯ G♯ A B


夾鐘均宮調 D♯ F G A A♯ C D
夾鐘均商調 F G A A♯ C D D♯
夾鐘均角調 G A A♯ C D D♯ F
夾鐘均変徴調 A A♯ C D D♯ F G
夾鐘均徴調 A♯ C D D♯ F G A
夾鐘均羽調 C D D♯ F G A A♯
夾鐘均変宮調 D D♯ F G A A♯ C


姑洗均宮調 E F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯
姑洗均商調 F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯ E
姑洗均角調 G♯ A♯ B C♯ D♯ E F♯
姑洗均変徴調 A♯ B C♯ D♯ E F♯ G♯
姑洗均徴調 B C♯ D♯ E F♯ G♯ A♯
姑洗均羽調 C♯ D♯ E F♯ G♯ A♯ B
姑洗均変宮調 D♯ E F♯ G♯ A♯ B C♯


仲呂均宮調 F G A B C D E
仲呂均商調 G A B C D E F
仲呂均角調 A B C D E F G
仲呂均変徴調 B C D E F G A
仲呂均徴調 C D E F G A B
仲呂均羽調 D E F G A B C
仲呂均変宮調 E F G A B C D


蕤賓均宮調 F♯ G♯ A♯ C C♯ D♯ F
蕤賓均商調 G♯ A♯ C C♯ D♯ F F♯
蕤賓均角調 A♯ C C♯ D♯ F F♯ G♯
蕤賓均変徴調 C C♯ D♯ F F♯ G♯ A♯
蕤賓均徴調 C♯ D♯ F F♯ G♯ A♯ C
蕤賓均羽調 D♯ F F♯ G♯ A♯ C C♯
蕤賓均変宮調 F F♯ G♯ A♯ C C♯ D♯


林鐘均宮調 G A B C♯ D E F♯
林鐘均商調 A B C♯ D E F♯ G
林鐘均角調 B C♯ D E F♯ G A
林鐘均変徴調 C♯ D E F♯ G A B
林鐘均徴調 D E F♯ G A B C♯
林鐘均羽調 E F♯ G A B C♯ D
林鐘均変宮調 F♯ G A B C♯ D E


夷則均宮調 G♯ A♯ C D D♯ F G
夷則均商調 A♯ C D D♯ F G G♯
夷則均角調 C D D♯ F G G♯ A♯
夷則均変徴調 D D♯ F G G♯ A♯ C
夷則均徴調 D♯ F G G♯ A♯ C D
夷則均羽調 F G G♯ A♯ C D D♯
夷則均変宮調 G G♯ A♯ C D D♯ F


南呂均宮調 A B C♯ D♯ E F♯ G♯
南呂均商調 B C♯ D♯ E F♯ G♯ A
南呂均角調 C♯ D♯ E F♯ G♯ A B
南呂均変徴調 D♯ E F♯ G♯ A B C♯
南呂均徴調 E F♯ G♯ A B C♯ D♯
南呂均羽調 F♯ G♯ A B C♯ D♯ E
南呂均変宮調 G♯ A B C♯ D♯ E F♯


無射均宮調 A♯ C D E F G A
無射均商調 C D E F G A A♯
無射均角調 D E F G A A♯ C
無射均変徴調 E F G A A♯ C D
無射均徴調 F G A A♯ C D E
無射均羽調 G A A♯ C D E F
無射均変宮調 A A♯ C D E F G


應鐘均宮調 B C♯ D♯ F F♯ G♯ A♯
應鐘均商調 C♯ D♯ F F♯ G♯ A♯ B
應鐘均角調 D♯ F F♯ G♯ A♯ B C♯
應鐘均変徴調 F F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯
應鐘均徴調 F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯ F
應鐘均羽調 G♯ A♯ B C♯ D♯ F F♯
應鐘均変宮調 A♯ B C♯ D♯ F F♯ G♯




※1...鄭訳ていやく(540年 - 591年)字は正義。中国の北周・隋の官僚であった。但し八十四調の理論構成を行ったのは、萬宝常という宮廷付音楽家であったという見解もある。

※参考文献
(『雅楽を知る辞典』遠藤徹 株式会社東京堂出版 2013)
(『雅楽』日本の古典芸能2 藝能史研究会 1981)
(明土真也 『六孔尺八と八十四調の関係』音楽学第62巻1号 2016)
(林謙三『笙律二考-17管生の系統と和声について-』奈良学芸大学紀要 3巻-3号 1954 )