唐代の古律二十八調子と雅楽の六調子

唐楽廿八調
(雅楽律)
第1音 第2音 第3音 第4音 第5音 第6音 第7音
黄鐘均宮調 C D E F♯ G A B
黄鐘均商調(壱越調) D E F♯ G A B C
黄鐘均角調 E F♯ G A B C D
黄鐘均羽調(黄鐘調) A B C D E F♯ G
太簇均宮調 D E F♯ G♯ A B C♯
太簇均商調(太食調) E F♯ G♯ A B C♯ D
太簇均角調 F♯ G♯ A B C♯ D E
太簇均羽調(盤渉調) B C♯ D E F♯ G♯ A
姑洗均宮調 E F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯
姑洗均商調 F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯ E
姑洗均角調 G♯ A♯ B C♯ D♯ E F♯
姑洗均羽調 C♯ D♯ E F♯ G♯ A♯ B
仲呂均宮調 F G A B C D E
仲呂均商調(双調) G A B C D E F
仲呂均角調 A B C D E F G
仲呂均羽調 D E F G A B C
林鐘均宮調 G A B C♯ D E F♯
林鐘均商調 A B C♯ D E F♯ G
林鐘均角調 B C♯ D E F♯ G A
林鐘均羽調(平調) E F♯ G A B C♯ D
南呂均宮調 A B C♯ D♯ E F♯ G♯
南呂均商調 B C♯ D♯ E F♯ G♯ A
南呂均角調 C♯ D♯ E F♯ G♯ A B
南呂均羽調 F♯ G♯ A B C♯ D♯ E
應鐘均宮調 B C♯ D♯ F F♯ G♯ A♯
應鐘均商調 C♯ D♯ F F♯ G♯ A♯ B
應鐘均角調 D♯ F F♯ G♯ A♯ B C♯
應鐘均羽調 A♯ B C♯ D♯ F F♯ G♯
※古代中国の唐の時代には、雅楽律(古律)と俗楽律(新律)の二種類がありました。上記は雅楽律での表記です。俗楽律は雅楽律よりも長二度高くなりますが、音名は変わりません。例えば雅楽律の黄鐘均商調(壱越調)は、黄鐘均宮調となります。「楽家録」等多くの古楽書では俗楽律(新律)を用いているようですが、藤原師長撰「仁知要録」などは雅楽律(古律)を用いています。

イーブックオフ 日本最大級のオンライン書店 書籍在庫100万冊!