仁和楽(にんならく)

調名 舞種 別名 構成
高麗壱越調 平舞 - 単一楽章

Kooran
Ninnaraku Ninnaraku
Ninnaraku Ninnaraku
Kooran

舞人 装束 曲姿 番舞
四人 右肩袒の襲装束 小曲・新楽 承和楽


●あらまし

仁和楽(にんならく)とは、高麗楽壱越調に属する楽曲ですが、外来の曲ではなく日本製の楽曲です。光孝天皇の勅令により百済の貞雄という人が、高麗楽の形式で作曲しました。その時の年号である「仁和」※が、曲名の由来です。日本で初めて作曲・作舞された、高麗楽形式の楽曲と伝えられています。
舞人の装束は右肩袒の襲装束ですが、現在では蛮絵装束で舞う演奏団体が、多いようです。

※仁和年間...885年〜889年

教訓抄 巻第五 高麗曲物語

年号ヲ以ッテ楽名ト為ス。拍子十一。舞間拍子五十六。此ノ曲、仁和年中ニ、勅ヲ奉リテ、貞雄※ト云ケル物之ヲ作ル...以下略。

※...百済貞雄

(古代中世芸術論「教訓抄」-岩波書籍-)より筆者読み下し


●楽曲の構成と装束

仁和楽は同じ右方の舞では比較的ポピュラーな演目で、現代の舞台では演奏されることの多い楽曲です。楽曲の構成は、高麗楽四拍子※1 で拍子は十※2 となっています。またこの曲には換頭があります。

仁和楽の舞人の装束は右肩袒の襲装束ですが、現在では蛮絵装束で舞う演奏団体も多いようです。

※1...高麗楽の打楽器のリズムパターンの一種。
※2...楽曲一辺中の、太鼓の「百」を打つ数。

●現行の演奏作法

仁和楽を演奏する際は、まず前奏曲である「意調子」が奏されます。この楽曲は高麗壱越調の音取であり、高麗笛・篳篥の第一奏者(主管)と三ノ鼓のみで演奏されます。意調子の演奏が終わると、当曲が演奏され、舞人が楽屋より順次登台し、「出手」を舞います。舞人は任意の拍子より引き続き当曲舞を舞いますが、当曲はその後も舞人が退場するまで演奏を続けます※。

※...舞人が退場する際も、当曲を止めずに演奏し続ける形式の作法を「連吹」(つらねぶき)といいます。



舞楽 仁和楽
前奏 いちょうし
○意調子
-
出時 にんならく
○仁和楽
舞人は順次登台し、出手を舞う
当曲 当曲舞
入時 舞人は順次降台し、管方は吹止