神楽歌(かぐらうた)

Moon2
Kagari Nincho
舞人 装束
一人 人長舞装束


かぐら‐うた【神‐楽歌】
神楽の中でうたう神歌や民謡。特に、宮中の御神楽(みかぐら)のものは古く、庭燎(にわび)・採物(とりもの)・大前張(おおさいばり)・小前張(こさいばり)・星歌・雑歌(ぞうか)などからなる。

大辞泉(小学館)





■あらまし

神楽歌とは、広くは神事や神前で奏される歌謡、歌舞全般を呼称しますが、雅楽においては宮中の「御神楽ノ儀」(みかぐらのぎ)という儀式に用いられる歌謡・歌舞を指します。

神楽歌は20程の器楽曲、歌曲で構成される壮大な組曲で、一具を奏するのに6時間以上を要します。一つ一つの歌曲は、神楽歌独特の旋律を持ち、その歌詞は「神を賛美する」というよりは、「神と一緒に楽しむ」ようといった内容となっています。

御神楽ノ儀は、現在では年に3度、宮中賢所前の齋庭にて宮内庁式部職楽部により奉仕されています。本来神楽歌の演奏は神に対して行われるもので、聴衆を対象とはしていません。ですから楽部楽人と一部関係者以外の方が鑑賞することは許されず、儀式は非公開です。演奏を含めた儀式の奉仕は、夕刻18時頃から始まり、深夜0時過ぎ頃までの長い闇夜の時間の中、行われています。

宮中で用いられるものを、「宮中御神楽」、宮中以外の神祭りや祭祀で行われるものを、「里神楽」と言ったりもします(平安期の里神楽とは宮廷の楽人が石清水・賀茂・祇園・春日などの社頭で神楽を行うものを称していたようです)。

いずれの神楽歌も起源は、古事記・日本書記に出てくる天石屋戸(あまのいわやど)の物語です。この故事によって、天照大神(アマテラスオオミカミ)の神霊を慰める神事が行われるようになりました。この神事が「御神楽ノ儀」の原型となり、奈良時代には宮中で既に行われていたようです。そして神楽歌の形式は、平安期初期にかけて整えられました。




■平安期の「御神楽ノ儀」

御神楽ノ儀は平安時代の一条天皇(在位986-1011)の長保4年(1002)にだいたい現在の制度が完成されたと言われています。楽家録の巻之一「一條院御定之目録」には、30数曲の歌曲、舞曲が表記されています。

第一
一條院御定之目録

庭燎(ニハビ) 阿知女(アジメ)

採物之部
榊(サカキ) 幣(ミテグラ) 篠(ササ) 弓(ユミ) 鉾(ホコ) 杓(ヒサコ)葛(カヅラ) 韓神(カラカミ)

大前張之部
宮人(ミヤビト) 木綿志天(ユフシ) 難波潟(ナニハガタ) 前張(サイバリ)階香取(シナカトリ) 井奈野(イナノ) 脇母古(ワキモコ)

小前張之部
薦枕(コモマクラ) 閑野(シヅヤ) 磯等(イソラ) 篠波(サザナミ) 殖槻(ウエヅキ)総角(アゲマキ) 大宮(ヲホミヤ) 湊田(ミナトダ) 蛬(キリギリス)

雑歌之部
千歳(センザイ) 早歌(ハヤウタ) 星(ホシ) 晝目(ヒルメ) 弓立(ユダテ)朝蔵(アサクラ) 其駒(ソノコマ) 竈殿(カマドノ) 酒殿(サケドノ)

日本古典全集 楽家録 巻一 神楽』 正宗敦夫校注





■現在の「御神楽ノ儀」

「御神楽ノ儀」において現在まで伝承され、演奏されている「神楽歌」の楽曲は、平安期(一条天皇御世)の楽曲の内の20数曲程度(音取類を除く)です。「御神楽ノ儀」は、江戸期までは京都御所の温明殿で、皇居が東京に移ってからは賢所と皇霊殿の大前で毎年、以下の祭日夜間に行われています。

●現在の宮中祭祀における御神楽ノ儀

◇昭和天皇祭 御神楽の儀(1月7日)

◇賢所御神楽の儀(12月中旬)

◇皇霊殿御神楽の儀(4月3日)

(「宮内庁ウェブサイト」http://www.kunaicho.go.jp/20years/20kiroku/saishi.htmlより参照)




■現行の御神楽ノ儀における編成

もとかた・すえかた
●本方・末方
宮中賢所前に神楽舎を設けて庭燎をたき、楽人は二方に分かれて座します。神殿に向かって左側に座るグループを本方、向かって右側に座るグループを末方といいます。

もとひょうし・すえひょうし
●本拍子・末拍子
本方、末方にはそれぞれ句頭(くとう)役が一人ずついて、本方の句頭を「本拍子」、末方の句頭を「末拍子」といい、両者は笏拍子も担当します。

●楽器
楽器の編成は本方に和琴・神楽笛の2人、末方に篳篥の1人となっています。

もとうた・すえうた
●本歌・末歌
神楽歌一具の中には、一つの歌曲に「本歌」と「末歌」の二楽章編成となっているものが多くあります。斉唱は、本歌の楽章は本方、末歌の楽章は末方のグループが歌います。また本拍子・末拍子担当のみが、それぞれ独唱する歌曲もあります。

▼神楽歌人員編成
(国立劇場小劇場 第13回音曲公演「神楽歌」
平成7年4月8日 宮内庁式部職楽部演奏より)

本方
本拍子
(句頭)
和琴 神楽笛 附歌
1名 1名 1名 8名

末方
本拍子
(句頭)
篳篥 附歌
1名 1名 9名

舞人
(人長)
1名




■和琴の調絃

▼神楽歌で用いる和琴の調絃
絃名
音律
(英名)
壱越
(D4)
黄鐘
(A3)
壱越
(D3)
盤渉
(B3)
双調
(G3)
平調
(E3)


▼神楽歌・久米歌で用いる和琴の調絃法(絃合)
@ 三→ 一
D3 → D4
(上方完全八度)
壱越 → 壱越
(甲乙律)
宮 → 宮
A 三 → ニ
D3 → A3
(上方完全五度)
壱越 → 黄鐘
(順八律)
宮 → 徴
B ニ → 六
A3 → E3
(下方完全四度)
黄鐘 → 平調
(逆六律)
徴 → 商
C 六 → 四
E3 → B3
(上方完全五度)
平調 → 盤渉
(順八律)
商 → 羽
D 三 → 五
D3 → G3
(上方完全四度)
黄鐘 → 黄鐘
(順六律)
宮 → 律角

※絃合の作法
和琴の奏者は、宮音である壱越調を神楽笛当役よりもらい、それを基音として三絃に合わせます(久米歌は龍笛当役より)。そしてこの絃からオクターブ上の音(甲乙律)を一絃にとり、また同じく三絃から上方完全五度(順八律)をニ絃にとります。次にニ絃から下方完全四度(逆六律)を六絃にとり、さらに六絃から上方完全五度(順八律)を四絃にとります。最後に三絃から上方完全四度(順六律)を五絃にとり、絃合とします。



▼現行の神楽歌一具
歌曲名 本歌
末歌
歌方 付方 斉唱
奏楽

かぐらねとり
神楽音取
- 神楽笛
篳篥
独奏
にわび
庭火
- 神楽笛
篳篥
和琴
各独奏
- 神楽笛
篳篥
二重奏
(縒合)
本拍子 和琴 各独唱
(和琴助奏)
末拍子 和琴 各独唱
(和琴助奏)
くじびょうし
久止拍子
本拍子
末拍子
和琴 本末二人唱
(和琴助奏)
だんのひょうし
段拍子
- 和琴
あぢめさほう
阿知女作法
本歌 本拍子 和琴 本拍子独唱
(和琴助奏)
あぢめさほう
阿知女作法
末歌 末拍子 和琴 末拍子独唱
(和琴助奏)
あぢめさほう
阿知女作法
本歌 本拍子 和琴 独唱
(和琴助奏)
さんどびょうし
三度拍子
本拍子
末拍子
和琴 本末二人唱
(和琴助奏)
もんじゃくのねとり
問籍音取
- 神楽笛 独奏
さかき
本歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
末歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛笛
全員斉唱
(付物助奏)
尻上 本拍子 和琴
おけ
於介
本歌 本拍子
末拍子
和琴
さんどびょうし
三度拍子
本拍子
末拍子
和琴
からかみ
韓神
本歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
末歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
はやからかみ
早韓神
本歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
末歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
おけあぢめ
於介阿知女
本歌 本拍子 和琴 本拍子独唱
(和琴助奏)
おけ
於介
末歌 末拍子 和琴 末拍子独唱
(和琴助奏)
こさいばりあぢめ
小前張阿知女
本歌 本拍子 和琴 本拍子独唱
(和琴助奏)
こさいばりあぢめ
小前張阿知女
末歌 末拍子 末拍子独唱
(和琴助奏)
こさいばりのねとり
小前張音取
- 和琴 独奏
くじびょうし
久止拍子
本拍子
末拍子
和琴 和琴
本拍子
末拍子
こもまくら
薦枕
本歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
末歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
さざなみ
篠波
本歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
末歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
せんざい
千歳※2
本歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
末歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
本歌 本拍子 和琴 本拍子独唱
(和琴助奏)
末歌 末拍子 和琴 末拍子独唱
(和琴助奏)
はやうた
早歌
本歌 本拍子 和琴 本拍子独唱
(和琴助奏)
末歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
本歌 本拍子 和琴 独唱
(和琴助奏)
末歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
はやうたあげびょうし
早歌揚拍子
本歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
おけ
於介
本歌 本拍子 和琴 独唱
(和琴助奏)
休憩※1
ほしのねとり
星音取
- 和琴
篳篥
神楽笛
各独奏
ききりり
吉々利々
本歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
末歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
とくぜにこ
得銭子
本歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
末歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
ゆふつくり
木綿作
本歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
末歌 全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
あさくらのねとり
朝倉音取
- 神楽笛
篳篥
和琴
各独奏
あさくら
朝倉
本歌 本拍子 和琴 独唱
(和琴助奏)
末歌 末拍子 和琴 独唱
(和琴助奏)
そのこまさんどびょうし
其駒三度拍子
全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)
そのこまあげびょうし
其駒揚拍子
全員 和琴
篳篥
神楽笛
全員斉唱
(付物助奏)


※1...現在の宮内庁楽部では約40分程度の休憩があり、その際酒飲もあったそうです(元楽部方談)。
※2...千歳は本歌・末歌共に二度くり返すが、二度目は本方・末方のみ独唱する。また二度目に歌う曲を特に「尚千歳なおせんざい」といいます。
※天皇の即位時や伊勢神宮の御神楽においては、上記以外の「秘曲」も加えられるようです。




奈良時代では豊楽院の9つある堂の中の一つ、清暑堂(せいしよどう)で臨時の神宴の際に御神楽を奏したようですが、一条天皇(在位986-1011)の長保4年からは、宮中の内侍所(ないしどころ)の庭上で、一年置きに12月に奏されました。白河天皇の承保年間(1074年頃)からは毎年行われるようになり、現在まで伝えられています。

現在の宮中では、12月の中旬に行われる「御神楽ノ儀」、4月3日「神武天皇祭」(神武天皇崩御の日)、1月7日「昭和天皇祭」(昭和天皇崩御の日)の年3度演じられます。また御神楽は、皇居内賢所と皇霊殿の前にて、夕方18時頃から翌朝の午前1時ごろまで行われるそうですが、白い玉砂利の敷き詰められた庭で篝火のもと、宮内庁式部職楽部の楽師達によって奏されるこの儀式は、神に捧げる歌舞の為、観客のいない静寂の闇夜の中で厳かに行われています。

この御神楽の儀は定刻に楽師達が所定の場所に着き、賢所の扉を開いて神饌を献じます。次に神楽人の本拍子、末拍子と称される楽師と、神楽笛、篳篥、和琴の所作人(奏者)と人長(舞人)は、適当な場所に参列します。

午後五時に束帯姿の天皇陛下が出御され、御手水の儀の後、賢所に入られます。親王、王の方々も共奉し、式部長官が先導の上、侍従は剣を捧げ持ちます。皇后陛下が出御され、次に皇太子殿下、皇太子妃殿下と参進されます。

天皇陛下、皇后陛下、皇太子殿下、皇太子妃殿下の御拝礼ののち、いよいよ御神楽が奏せられます。庭火をたいて、掌典が榊の枝をもって賢所の階段の下におり、人長は階段のところに進み出て、榊をいただいてひざまずきます。

笛の所作人が本の座、篳篥の所作人は末の座について「神楽音取」を奏します。次に人長は庭火の前に進み、蒔をくべている司人に「御火白うつかえ奉れ」、「軾つかえ奉れ」と発してから、「庭火」「縒合」・・・へと楽曲が奏せられていきます。

最後の歌舞である「其駒」が終了すると、人長は賢所の階段の下に進み、掌典に榊を返し、天皇陛下、皇后陛下入御ののち撤饌、扉を閉じた後、楽師諸員は退出します。

御神楽は平安時代後期に、白河天皇以降より3年間奏されなかったことがあります。それは源平の戦いで、平氏が安徳天皇を担いで西国へ都落ち際の事です。三種の神器も平氏の手にあり、特に御神楽の儀に必要だった内侍所の鏡(八咫鏡)が宮中になかったためです。八咫鏡が宮中に戻ってから、3年間分として、3夜づつにわけて御神楽が奏されたと文献にあります。