太鼓(たいこ)



■太鼓の種類

雅楽で用いられる太鼓は特に「楽太鼓」とも呼ばれ、管絃では釣太鼓、舞楽では鼉太鼓、また船上での演奏(船楽)で用いられるのは船楽用太鼓や、行進して演奏する道楽で用いる荷太鼓など、いくつかのの種類があります。

つりだいこ
●釣太鼓・・・胴の幅が12cm、直径54cm程度のものを、用いられることが多いようです。主に管絃での演奏で使用します。
だだいこ
●鼉太鼓・・・舞楽用の大きな太鼓で、高舞台を組んで行われる舞楽ではこの大太鼓を、左右に一対設置します。最も大きいのは大阪、四天王寺のもので、直径2.48mあります(重要文化財)。
鼉太鼓左
四天王寺の大太鼓(左方)
鼉太鼓右
四天王寺の大太鼓(右方)


熱田神宮(愛知県名古屋市)の鼉太鼓(右方)


太鼓を打つ「撥」だけ、他の打楽器の「桴」と区別して、この字を使います。 左手に持つのを雌撥、右手を雄撥といい、口唱歌では雌撥を「ズン」(律または図と表記)、雄撥を「ドウ」(動または百と表記)と唱えます。 管楽器のカナ譜の右側に大きな●が表記されてある箇所が、太鼓を「百」と強打するところで(雄撥)、その二拍前を左手で「図」と弱くうちます(雌撥)。




■唐楽の演奏における、太鼓の役割

ポピュラー音楽では打楽器の役割は主に、リズムやアクセントを刻むことです。雅楽でも「陵王乱声」や「蘇莫者序」などでリズム的な太鼓の打法はあります。けれども多くの雅楽曲では、太鼓の奏法自体にリズミカルな役割を持たせてはいません。特に唐楽で奏する太鼓は、それぞれの楽曲で予め決まっている小拍子の数(小節数)毎に打つという、一種の区切りを表す役割を持っています。

具体的には、例えば唐楽で「早四拍子」の楽曲の場合、太鼓は小拍子四(4小節)毎に「百」を打つことになります。また、「延八拍子」の楽曲では、小拍子八(8小節)毎に、「百」を打っていきます。 太鼓を打って、次の太鼓を打つまでのインターバルに間が空くため、唐楽曲を聞いていると、とてもリズムを刻んでいるようには感じられません。

ただ高麗楽の場合は、若干リズム的な要素を感じられるます。 高麗楽では小拍子4つ(4小節)毎に数回、太鼓は打たれます。唐楽と比べて、太鼓毎のインターバルは短いものです。さらに高麗楽では三ノ鼓が割とリズミカルに打たれるため、唐楽とは違った印象となります。 しかしながら、やはり太鼓自体はリズムを刻んでいるとは言い難いように思います。 いづれにしても、雅楽演奏における太鼓の役割は、リズムやアクセントを刻むというよりは、曲中の「区切」を示すものと言えるのではないでしょうか。




■登場する古典書籍等

●源氏物語には、末摘花の帖に太鼓の描写があります。

大臣、夜に入りてまかでたまふに、引かれたてまつりて、大殿におはしましぬ。行幸のことを興ありと思ほして、君たち集りて、のたまひ、おのおの舞ども習ひたまふを、そのころのことにて過ぎゆく。
ものの音ども、常よりも耳かしかましくて、かたがたいどみつつ、例の御遊びならず、大篳篥、尺八の笛などの大声を吹き上げつつ、太鼓をさへ高欄のもとにまろばし寄せて、手づからうち鳴らし、遊びおはさうず

「源氏物語」末摘花 -紫式部-