龍笛(りゅうてき)

りゅう‐てき【竜笛】
雅楽用の竹製の横笛。長さ約40センチ、内径約1.3センチ、指孔7個で、大きさ・音色とも神楽笛と高麗笛(こまぶえ)の中間。唐楽・催馬楽(さいばら)などに用いる。横笛(おうてき)。りゅうてき。

大辞泉(小学館) より




龍笛とは雅楽の楽器で、その本体を横向きに構えて吹奏する管楽器です。龍笛は古代中国より伝来した楽器とされてます。雅楽の演奏においては「唐楽」「左方舞」「朗詠」「催馬楽」「国風歌舞」等に用いられ、篳篥と同じく旋律を担当しています。

横笛、または単に笛と称することも多く、古くは竜吟、竜鳴とも称されました。これら美名の由来は「教訓抄」等に記されています。

「昔竜ノナキテ海ニ入ニシヲ聞テ、又此ノ音ヲ聞バヤト恋ヒワビシホドニ、竹ヲウチ切テ吹タル音、スコシモタガハズ似タリ。始ハ穴五ヱリタリキ、後ニ七ニナス。此故ニ笛ヲ竜鳴云」

「教訓抄巻第八」(『日本思想体系』-岩波書店)


龍笛は、内部に漆を重ねた竹製の本体に、歌口と呼ばれる息を吹き込む穴と、7つの指穴が施されています。全長は40cm程度の長さで、表皮を削り、表面のほとんどの部分が樺や藤の蔓による「巻き」が施されています。また頭の先には赤地の絹が施されているものが多いのですが、これは左方の舞の衣装の色に合わせているのでしょう。 この楽器は後世に生み出された「能管」のモデルでもあります。

龍笛は、洋楽器の「フルート」と同じエアリードの楽器ですから、息使いの違いによって、基本的に同じ運指でも一オクターブ上下の音を出すことができ、音域は豊です。ただフルートの音域は3オクターブあるのに対し、龍笛は2オクターブ程度で、現行の雅楽古典作品でも、この音域を超える楽曲はありません。

龍笛は、発声の際に鋭く息を吹き込むことで、その美名の如く龍の嘶きのような独特の音が表現できます。この独特のフォルテシモのような奏法は、龍笛の音の魅力の一つです。

※フルートの3オクターブ目以上の音域は、2オクターブ目以前の音域と運指は異なります。

孔名(指穴名)は管の尾から順に

「ン」(ジ)
「テ」(カン)
「五」(ゴ)
「丄」(ジョウ)
「タ」(シャク)
「中」(チュウ)
「六」(ロク)

と呼び名があります。 運指の形もそれぞれの孔名と同じ名称を用いますが、その場合は孔名の指孔(穴)を開け、直前までの指孔を閉じたた形を基本としていますが「丁」等、孔名に無い運指もあります。また古典の演奏では用いませんが、全ての指孔を閉じた形は「口」と呼びます。


Ryutekinomeisyou Ryutekinounshi
※雅楽で用いる運指は上記の他に、「口」クチロクや「由」ユリ、経過音の「折指」オリユビなどもあります。
Ryuteki_oniki



■■■龍笛の奏法■■■

遠くまで鳴り響く音色と、2オクターブの声域を持つ龍笛には様々な奏法があります。雅楽合奏の中では、篳篥と同じく旋律を担当しています。

また龍笛は、古典楽曲では冒頭で指定されている独奏部分(音頭といいます)のパートを担当しています。さらに楽曲によっては龍笛のみの曲もあったりと、雅楽演奏の中での役割はとても重要です。龍笛奏者の力量は、合奏全体を左右するとも言えるのではないでしょうか。

龍笛はエアリード楽器であるフルートと同様、同じ運指でも息使いによって、オクターブ上下の音を出すことができます。けれども構造上の理由で、息の強弱や指穴の空け具合、歌口にあてる口の角度などによって、音高が上下します。この音のゆらめき(ポルタメント)を用いて行う奏法もあります。
 
龍笛は他の日本の吹奏楽器と同様、吹奏ではタンギングを用いません。また龍笛の指穴は指先ではなく、第二関節付近、または第一関節〜第ニ関節あたりで押さえます。 




■龍笛の奏法例 
 
●掛吹(かけぶき)
いわゆるアウフタクトで、楽曲中にその箇所が指定されています。小節(小拍子)の前に入る弱起で、いくつかの種類があります。

掛吹の例
   「ト
    
   「フ()
    
   「ヒィ
    
   「ツ
    
   「チ
    
 
●たたく
空いている指穴を、一瞬のうちに押さえて離します。はじくような感じで出す装飾音です。
 
●由(ゆり)
出している音を一時的に半音程下げ上げする奏法です。龍笛の由は3種あり、運指によってそれぞれの押さえ方があります。

 ・「テ」の由
 ・「丅」の由
 ・「六」の由
 
●折指(おりゆび)
「中」から「夕」への運指移行の際に行う奏法で、経過音の一種です。人によってニュアンスの違いはありますが、「鸞鏡」の音が間に入ります。
 
●動(うごく)
ある音から一音上へと移行し、またもとの音に戻る旋律の際、ポルタメントで行う奏法です。指で穴をなぞるようにしながら徐々に空けていき、そして再び指で穴を閉じるといった技術です。龍笛には以下のような種類があります。

例(唱歌)
 ・「トラィヤアロ」(皇麞急)
 ・「トホㇶタ」(五常楽急)
 ・「タルㇻロㇼョ」(双調颯踏)
 
●押す、アテル
ある音に対してフォルテのように息や、吹き込みの角度を変化させて、アクセントを与える奏法です。
 
●メリ
音を正律より、半音程下げて出す、または出しながら下げるといった奏法です。「由」と違い、運指ではなく息づかいで音を下げます。
 
●経過音
ある音から音への移行の際に、その中間の音を間に添える奏法です。この奏法によって、メロディーがやわらかくなります。折指も経過音の一つです。古典演奏では以下のパターンがあります。

  例:「中」→「タ」(折指)
    「中」→「六」
    「丄」→「六」
    「六」セメ→「六」フクラなどの運指の際に用いられます。
 
●ユルメル
レガートに音を上下させる奏法です。龍笛では「延」の楽曲冒頭や、乱声の最後の音の装飾で用いられますが、奏者は指や息使いで表現します。
 

※奏法は雅楽団体によって、呼び方や解釈の違いはあると思いますので、ご注意ください。



■登場する古典書籍等

●枕草子 古典文学に見られるように、龍笛という名称はこの楽器の美称で、古代では一般的に「笛」や「横笛」(おうてき)と呼ばれていたようです。

『笛は横笛、いむじうをかし。遠うより聞ゆるが、やうやう近くなりゆくも、をかし。近かりつるが、遥かになりて、いとほのかに聞ゆるも、いとをかし。車にても、徒歩(かち)よりも馬(むま)にても、すべて懐にさし入れて持たるも、なにとも見えず、さばかりをかしきものはなし。まして、聞き知りたる調子などは、いみじうめてたし。暁などに、忘れて、をかしげなる、枕のもとにありける、見つけたるも、なほをかし。人のとりにおこせたるを、おし包みてやるも、立文(たてぶみ)のやうに見えたり。』

枕草子 第207段(岩波書店)


●十訓抄 夜と月明かりが良く合う、龍笛にまつわるエピソードは古典文学に豊富です。
『博雅三位、月あかゝりける、夜なをしにて、朱雀門のまへにてあそびて、よもすがら笛をふかれけるに、おなじさまなる人きたり、笛をふきけり。 誰ならむとおもふほどに、その笛の音、このよにたぐひなくめでたくきこへければ、あやしくちかくよりて見れば、いまだ見ぬ人なりけり。われも物もいはず、れも物もいふ事なし。かくのごとく、月よごとに行あひて、ふく事よごろに成ぬ。 彼人の笛の音、ことにめでたかりければ、心みにかれをとりかへて吹けるに、 世になきほどの笛なり。』

十訓抄(岩波書店)





■古楽書等に名を残す龍笛の名器

●京不見・・・・聖徳太子(四天王寺蔵)
●青葉・・・・・平敦盛
●葉二・・・・・源博雅・浄蔵・藤原道長
●大水竜・・・・村上天皇
●小水竜・・・・村上天皇