神楽笛(かぐらぶえ)


かぐら‐ぶえ【神楽笛】
宮廷の御神楽(みかぐら)に用いる横笛。歌口のほか六つの指孔があり、七つの指孔の雅楽の横笛(竜笛(りゅうてき))より音律がやや低い。大和笛。太笛。

大辞泉(小学館) より




■神楽笛の構造

神楽笛は和琴(わごん)とともに、古代における純日本製の楽器で、雅楽では神楽歌(かぐらうた)という組曲のみで用いられます。※1
神楽笛という名称の横笛は、全国各地にさまざまな形態で存在しますが、雅楽で用いる神楽笛は独特のもので、地方の祭囃子等で用いられるものとは違うものです。管の表面は龍笛や高麗笛等と同じく竹製で樺や藤の蔓で巻きが施されていますが、伝統的に表皮は削られずにそのままの状態を用いるところが両者と違っています(龍笛と高麗笛は、表皮が削られているものが多いです)。また頭の先にはこれも伝統的に赤地の絹が施されているものが多いようです。

龍笛よりも管は長く全長は約45cm、内径約1,8cmで、指孔は6つあります。音域は2オクターブありますが、龍笛よりも長二度低くなっています。またその音域は同じ運指でも息の違いで、一オクターブ違う音を発声させることができ、下の音域を「和」(フクラ)、上の音域を「責」(セメ)と呼びます。

注)
※1...現行の雅楽ではありませんが、近年創作の祭祀舞である「浦安の舞」の奏楽でも、神楽笛が用いられます。

■神楽笛の奏法

神楽笛の吹奏は、「半息」と呼ばれる奏法が基本です。発声はクレッシェンドしながら、けれどもフォルテをかけずに、静かに伸びやかに吹奏します。管絃舞楽で用いる龍笛や高麗笛のように、強く吹き出したり、アクセントを強調するような奏法は、神楽歌では行いません。この笛は宮中御神楽ノ儀で奏される組曲「神楽歌」で用いられますが、組曲の中の独奏曲(庭火の曲等)、篳篥との合奏曲(縒合等)、また篳篥・和琴とともに歌曲の助奏(早歌等)で用いられます。

■神楽笛の運指

神楽笛の音は奏法も手伝ってか、静かで太く落ち着いていて、時に神秘さを感じさせます。 孔名(指穴名)は管の尾から順に、

「テ」(カン)
「五」(ゴ)
「丄」(ジョウ)
「タ」(シャク)
「中」(チュウ)
「六」(ロク)

と呼びます。 運指の形もそれぞれの孔名と同じ名称を用いますが、その場合は孔名の指孔(穴)を開け、直前までの指孔を閉じたた形を基本としていますが、「丁」等孔名に無い運指もあります。また全ての指孔を閉じた形は「口」(ク)と呼びます。
※「口」を実際の演奏(神楽歌)で用いることはありません。


Kagurabuenomeisyou Kagurabuenounshi_2
※神楽歌で用いる運指は上記の他に、「由」や経過音の「折指」「動」などもあります。 Kagurabuenooniki_3