笙(しょう)




しょう【笙】
雅楽に用いる管楽器の一。匏(ほう)の上に17本の長短の竹管を環状に立てたもので、竹管の根元に簧(した)、下方側面に指孔がある。 匏の側面の吹き口から吹いたり吸ったりして鳴らす。奈良時代に唐から伝来。 笙の笛。鳳笙(ほうしょう)。鳳管。そう。

大辞泉(小学館) より



笙は雅楽で用いられる楽器で、鳳笙(ほうしょう)という美名があり、音色と姿共ににとても美しい楽器です。 美名の由来は、鳳凰が翼を立てた姿に、形が見立てられたことからきています。

「かしら」と呼ばれる部分の上に17本の細い竹管が円形に差し込まれ、銀色の帯で束ねています。竹管の内15本には響銅(さわり)という合金で作った簧(した)と呼ばれるリードが施されています。

吹奏時にはそれぞれの管の先に空けられた小さな指穴(屏上)を押さえながら、かしらの吹口より息を吸ったり吹いたりして、音を発声させます。発声原理はハーモニカと似ていますが、笙では吹いても吸っても同じ音が発声します。17本の竹管名は以下の通りです。

「千」(セン)
「十」(ジュウ)
「下」(ゲ)
「乙」(オツ)
「工」(ク)
「美」(ビ)
「一」(イチ)
「八」(ハチ)
「也」(ヤ)
「言」(ゴン)
「七」(シチ)
「彳」(ギョウ)
「上」(ジョウ)
「凢」(ボウ)
「乞」(コツ)
「毛」(モウ)
「比」(ヒ)

※「彳」は「行」の略字。現行では「行」で記されている譜本もあります。

▼笙の図と名称
Shounozu Kashira_5 Syou_kanmeisyo
竹管の名称と音高は上図の通りで「也」と「毛」には簧がなく、音は発生しません。
Syou_onko

笙の音の最大の特徴は、上記の竹管の指孔を数ヶ所同時に押さえることによって、和音を奏でられることです。朗詠・催馬楽といった歌曲での奏法は単音(一竹)での吹奏ですが、器楽演奏では主に和音(合竹)で吹奏します。合奏の中で笙は、篳篥・龍笛の奏でる旋律を包みこみような和音を奏でることにより、雅楽独特の透明感のある、優美な空間を創り出します。


▼笙の合竹と運指(合奏曲で用いる和声)











「十(双調)」とは、「十」の合竹から下(下無:F♯)の音を省略した合竹で、主に双調の楽曲に用いられます。

上記の11種の合竹(和音)は主に合奏楽曲で用いられますが、笙の合竹にはさらに「音取」「調子」「入調」という曲で奏される、特殊な合竹(特殊和声)があります。 「音取」「調子」「入調」の曲は各調子にあり、本来は独奏曲だと思われる楽曲ですが、現行の雅楽では主に演奏曲の冒頭で、または舞楽の舞人の入退場の際に用いられ、演奏されています。


▼特殊和声の合竹と運指(調子等で用いられる和声)






上記4種は、合奏曲合竹とは異なった譜字(混合譜字)で表されます。


▼特殊和声(合奏合竹と同じ譜字を為す特殊和声)



※上記は繁留した音律に、主要和声を可能な範囲で載せて構成された和声です。

ところでこの合竹の音律構成ですが、三度の音の積み重ねが和音の基礎となっているポピュラー音楽らみると、一見無造作に充てられているように見えます。けれどもこの和音は、きちんと雅楽々理に従った理論の下に構成されています。詳細は雅楽界第45号・46号(小野雅楽会)に記載されている論考、(芝祐秦「笙の和音的解明」上/下)等に詳しくありますが、このサイトでも解説しています。


■■■ 笙の奏法 ■■■

笙には2種類の発声があります。
  いっちく
●一竹
笙の単音での発声を「一竹(吹)」といいます。朗詠や催馬楽といった歌謡種目では他管楽器同様、歌の旋律をなぞる様に単音での吹奏がなされています。この際の奏法が一竹吹です。また 「音取」や「調子」といった楽曲では、一竹(単音)と合竹(和音)との組み合わせによって、その調べが構成されています。

  あいたけ
●合竹(相竹)
「合竹」とは、笙における和音での発声をいいます。この奏法は管絃や舞楽演奏において用いられ、他の楽器にはない笙の特徴を発揮させることのできる奏法です。 笙の合竹によって構成される和音は、ポピュラー音楽のコードの概念とは違ったものであり、またコードのように多くの種類があるわけではありません。

 ▼笙の代表的な合竹(和音)
十・下・乙・一・彳・美・工・凢・乞・比

通常の曲では上記10種と、十の変化版の僅か11種類ですが、さらに「調子」「入調」などの曲でのみ用いられる特殊な合竹(特殊和声)がいくつかあります。

●張(はる・はり)
現行の演奏では笙は、小節の第一拍目は弱音で発声し、小節の後半に向かってクレッシェンドするように次第に強く吹奏します。このクレッシェンドすることを「張」といいます。

●於世吹き(おぜぶき)
一小節の中に複数の合竹がある場合、大抵は一息の中で合竹の変更を行います。けれども「陵王」や「皇麞急」といった幾つかの楽曲には、一小節の中で和音の変更毎に、着替と張を行う箇所があります。これを「於世吹き」といいます。

一小節の中に複数の和音がある場合は、笙の楽譜には合竹同士に縦の墨線が引かれています。けれども於世吹きの箇所は墨線は引かれていません。

●手移り(てうつり)
現行の演奏ではある合竹から合竹へと和音を変化させる際、一斉に次の合竹へと変化させる訳ではなく、高音より順に音を変えていくという決まったルールがあります。このルールにおける運指のことを「手移り」といいます。 笙の演奏は基本的に、この手移りのルールに従って行われます。 以下に手移りの順序を記載します。



▼笙のコード(和音)進行による、手移りの順序



◆「乙」の合竹から他の合竹へのコード進行

・「凢」...上を離して凢を押える。

・「乞」...上を離して乞を押える。

・「十」...千を離して十を押える時に、乙から下へすべらせる。

・「㈩」...千を離して十を押えるときに乙を離す。

・「下」...八を離して美を押える時に、乙から下へすべらせる。

・「一」...八、上の順に離し、一、凢を同時に押える。

・「比」...乙を離して比を押える。

・「美」...八を離して美を押える時に、乙から比へ移す。

・「彳」...乙を離す。※5

・「工」...千、八、上の順に離し、工、美、凢を同時に押える。


◆「凢」の合竹より他の合竹へのコード進行

・「乙」...凢を離して上を押える。

・「乞」...凢を離して乞を押える。

・「十」...千、凢を離して十、上を押える時に、乙から下へすべらせる。

・「下」...八、凢の順に離して、美、上を押える時に、乙から下へすべらせる。

・「一」...八を離して、一を押える。

・「比」...凢を離して上を押える時に比を押える。

・「美」...八、凢の順に離して美、上を押える時に、乙から比へ移す。

・「彳」...凢を離して、上を押える時に乙を離す。

・「工」...千、八の順に離して、工、美を同時に押える。


◆「乞」の合竹から他の合竹へのコード進行

・「乙」...乞を離して上を押える。

・「凢」...乞を離して凢を押える。

・「十」...千、乞の順に離し、十、上を押える時に、乙から下へすべらせる。

・「㈩」...千、乞の順に離し、十、上を押える時に、乙を離す。

・「下」...八、乞の順に離し、美、上を押える時に、乙から下へすべらせる。

・「一」...八、乞の順に離し、一、凢を同時に押える。

・「比」...乞を離して上を押える時に、乙から比へ移す。

・「美」...八、乞の順に離し、美、上を同時に押える時に、乙から比へ移す。

・「彳」...乞を離して上を押える時に、乙を離す。

・「工」...千、八、乞の順に離して、工、美、凢を同時に押える。


◆「十」の合竹より他の合竹へのコード進行

・「乙」...下を離して乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「凢」...上、下の順に離し、凢、乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「乞」...上、下の順に離し、乞、乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「下」...八を離し、美を押える時に、十から千へすべらせる。

・「一」...八、上、下の順に離し、一、凢、乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「比」...下を離して比を押える時に、十から千へすべらせる。

・「美」...八、下を離して美、比を押える時に、十から千へすべらせる。

・「工」...八、上の順に離し、下、十を同時に離し、美、凢、乙、工を同時に押える。

・「彳」...下を離して十を離す。気替え後、千を押える(後打)。

※「十」から「彳」「㈩」へのコード進行は無し。

◆「㈩」の合竹より他の合竹へのコード進行

・「乙」...下を離して乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「凢」...上、下の順に離し、凢、乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「乞」...上、下の順に離し、乞、乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「㈩」...下を押える。※5

・「下」...八を離し、美を押える時に、十から千へすべらせる。

・「一」...八、上の順に離し、一、凢、乙を押える時に十を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「比」...比を押える時に、十から千へすべらせる。

※「㈩」から「美」「彳」「工」へのコード進行は無し。

◆「下」の合竹より他の合竹へのコード進行

・「乙」...下を離して乙を押える時に、美を離し、気替え後、八を押える(後打)。

・「凢」...上、下を離して、凢、乙を押える時に美を離し、気替え後、八を押える(後打)。

・「乞」...上、下の順に離して、乞、乙を押える時に美を離し、気替え後、八を押える(後打)。

・「十」...千、美の順に離して、十、八を同時に押える。※4

・「㈩」...千を離し、十を押える時、美、下を離し、着替え後、八を押える。

・「一」...上、美、下の順に離し、凢、一、乙を同時に押える。

・「美」...下を離して比を押える。

・「彳」...美を離して八を押える時に、下を離す。

・「工」...千、下、上の順に離して、工、乙、凢を同時に押える。

※「下」から「比」へのコード進行は無し。

◆「一」の合竹より他の合竹へのコード進行

・「乙」...凢、一の順に離し、八、上を同時に押える。

・「凢」...一を離して、八を押える。

・「乞」...凢を離して乞を押える時に一を離し、気替え後、八を押える(後打)。

・「十」...千、凢、一の順に離して、十、八、上を押える時に乙から下へすべらせる。

・「㈩」...千、凢、一の順に離して、十、八、上を押える時に乙を離す。

・「下」...凢、一の順に離し、美、上を押える時に、乙から下へすべらせる。

・「比」...凢、一の順に離し、八、上を押える時に、乙から比へ移す。

・「美」...凢、一の順に離し、美、上を押える時に、乙から比へ移す。

・「彳」...凢、一の順に離し、八、上を押える時に乙を離す。

・「工」...千、一の順に離し、工、美を同時に押える。



◆「彳」の合竹より他の合竹へのコード進行

・「凢」...上を離し、凢、乙を動じに押える。※6

・「下」...八を離し、美、下を同時に押える。※8

・「一」...八、上を離し、一、凢、乙を同時に押える。※7

・「美」...八を離し、美と比を同時に押える。

※「彳」から「乙」「乞」「十」「㈩」「比」「工」へのコード進行は無し。

◆「比」の合竹より他の合竹へのコード進行

・「乙」...比を離して乙を押える。

・「凢」...上、比の順に離し、凢、乙を同時に押える。

・「乞」...上、比の順に離し、乞、乙を同時に押える。

・「十」...千、比の順に離し、十、下を同時に押える。

・「㈩」...千、比を離し、十を押える。

・「下」...八、比の順に離し、美、下を同時に押える。

・「一」...八、上、比の順に離し、一、凢、乙を同時に押える。

※「比」から「美」「彳」「工」へのコード進行は無し。

◆「美」の合竹より他の合竹へのコード進行

・「乙」...比を離して、乙を押える時に美を離し、気替え後、八を押える(後打)。

・「乞」...上、比の順に離し、乞、乙を押える時に美を離し、気替え後、八を押える(後打)。

・「十」...千、比、美の順に離して、十、下、八を同時に押える。※1

・「下」...比を離して下を押える。

・「一」...上、比、美を離して、凢、乙、一を同時に押える。※2

・「彳」...美を離し、八を押える時に比を離す。

※「美」から「凢」「比」「工」「㈩」へのコード進行無し。

◆「工」の合竹より他の合竹へのコード進行

・「乙」...美、凢を離して、八、上を押える時に工を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「凢」...美を離して、八を押える時に工を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「乞」...美、凢を離して、八、乞を押える時に工を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「十」...美、凢、工を離し、八、上、十を押さえる時、乙から下へすべらせる。

・「下」...凢、乙を離して、上、下を押える時に工を離し、気替え後、千を押える(後打)。※3

・「一」...美を離して、一を押える時に工を離し、気替え後、千を押える(後打)。

・「美」...凢、工を離し、上、千を押さえる時、乙から比へ移す。

・「比」...美、凢を離して、工を離し、八、上を押える時に乙から比を押え、気替え後、千を押える(後打)。※4

※「工」から「彳」「㈩」へのコード進行は無し。



註)
○「㈩」は双調の十。
○ 指穴は、指先の腹で押える。
○「離す」は、指を擦り下げながら行う。
○「すべらせる」は、乙→下等隣り竹の指穴へずらして押える。
○「移す」は、乙→比へ右人差指で指穴を移し押える。
○「後打」は気替え後の第2拍目(管絃)や、一拍半(舞立)に最後の指穴を押える。

※1...千、比を離して十、下を押える時に美を離し、気替え後、八を押える(後打)。
※2...美から一へ、左親指をすべらせる
※3...工→下 凢、工を離し、上、千を押さえる時、乙から下へすべらせる。
※4...千を離し、十を押える時、美を離し、気替え後、八を押える。
※5...手移りの口唱歌「インジャ」の「ジャ」にタイミングで、乙を離す。
※6...レアコード進行。「輪鼓褌脱」で用いる。
※7...レアコード進行。「平蛮楽」、「抜頭」で用いる。
※8...レアコード進行。「万秋楽序」で用いる。




▼笙譜における符号(音楽記号)


「調子」や「音取」で用いられる符号(音楽記号)を以下に記します。笙譜に記される符号は、譜中の一竹や合竹名に付加する形が文字で記されています。現行の雅楽では奏者によって解釈が違っていたり、他の符号とほぼ同じ指示であったり、または符号自体が有名無実となっているものもあります。

 あいたけ
◆合竹...合竹で奏する。
 いっちく
◆一竹...一竹で奏する。
のべとどめる
◆延留...音を延ばしてフェードアウトする。ポピュラー音楽記号のfermataに近い。
 ぐす
◆具...演奏している音にさらに、この字が下に書かれている指穴を押えて音を加える。
 うつ
◆打...指穴を押えて、すぐに離す。
 たたく
◆叩...指穴を押えて離す。「打」よりも少し長い時間、穴を押える。
 のこる
◆残...直前の和音から、この文字の記された音のみ残して奏する。
 うつる
◆移...直前まで奏していた音から、この文字の記された音に変える。
 ひろう
◆拾...この文字のある音まで、一音ずづ順に奏する。
 はなつ
◆放...この文字の指穴から指をはなして、音を減らす。
 すつる
◆捨...この文字の指穴から指をはなして音を減らし、他の音に移る。
 ながら
◆乍...他の音に移るとき、前の音に関係なく奏しながら、次の音を加えて奏する。
 しだい
◆第...だんだん他の音を順に加えて奏する。
 おす
◆押...指穴を押える。
 たえる
◆絶...絶音。吹ききって、音が中絶する。※1
 
◆火...強く吹く ※2




註)
内容は「楽家録」巻一(覆刻日本古典全集)第三十二『音取及調子之譜註』を意訳し、筆者の解釈を加えて記しています。

※1...音取では黄鐘調、盤渉調に記されていますが、その箇所で絶音していません。この符号古譜の名残であり、現行では機能していないものと考えています。

※2...他の楽器でも「火」の符号はあり、「火急」(素早く行う)の意で用いられています。ただし笙では意味が違っており、「楽家録」では「火」は強く、「由」は弱く吹くと記されています。
「楽家録」巻一(覆刻日本古典全集)第三十七『譜面火由二字之説』より。



■笙の記載がある古典文学

●枕草子
天から差しこむ光を現す...これは近年になって、あらわされるようになった笙の音の喩えですが、確かに笙独特の優美な和音の音は「天の光」そのものです。また雑音のなかったであろう古代の夜は、笙の音は月光とよく溶け合っていたことでしょう。

『笙の笛は、月の明かきに、車などにて聞き得たる、いとをかし。 所狭く、持てあつかひにくくぞ身ゆる。さて、吹く顔やいかにぞ。 それは、横笛も、吹きなしなめりかし。』

枕草子二百七段 清少納言


平安後期の説話集「江談抄」には、面白い名の笙が登場します。「不々替(いなかへじ)」という名の笙ですが、これはこの高名の笙を売ろうとする唐人に千石で買おうと言うと「いや、替えたくない(不、不替)」と言ったことから、それをとって名にしたといわれています。「枕草子」にはこの逸話を踏まえた話が、載っています。

『淑景舎などわたり給ひて、御物語のついでに、「まろがもとにいとをかしげなる笙の笛こそあれ。 故殿の得させ給へり」との給ふを、僧都の君の「それは隆圓にたうべ。おのれが許にめでたき琴侍り、それにかへさせ給へ」と申し給ふを、ききも入れ給はで、猶他事をのたまふに、答させ奉らんと數多たび聞え給ふに、なほ物のたまはねば、宮の御前の「否かへじとおぼいたるものを」との給はせけるが、いみじうをかしき事ぞ限なき』 この御笛の名を、僧都の君もえ知り給はざりければ、ただうらめしうおぼいためる。これは、職の御曹司(しきのおんぞうし)におはしまいしほどの事なめり。上の御前に、いなかへじといふ御笛のさぶらふなり...。

枕草子八十九段 清少納言