大和歌(大直日歌・倭歌)


Misu Misu
Yamatomai2 Yamatomai
Yamatomai2 Yamatomai
舞人 装束
四人 上朗赤袍・下摎ホ袍
垂纓冠・笏

倭舞(やまとまい)
日本の雅楽の一種。毎年 11月 22日皇居内で行われる鎮魂祭の夕べに『大直日歌』の次に奏される歌舞。「和舞」「大和舞」とも書くが,現在宮内庁楽部では総称としての「大和歌」の場合のみ「大和」と書く。舞人は4人。2人は赤の袍 (ほう) ,他の2人は緑袍を着用し,垂纓 (すいえい) の冠をかぶり,右手に笏を持って舞う。伴奏楽器は竜笛 (りゅうてき) と篳篥 (ひちりき) が各1人。若干の歌い手のなかの首席唱者は笏拍子を打ちながら歌う。起源に関しては従来東舞に対する大和の舞というのが通説。最古の上演記録として「宝亀元年和舞」とあるように,もともと百済系の和氏の舞であったものが次第に大和地方の舞にすりかえられていったという説もある。
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


大直日歌・倭歌は、国風舞歌または上代歌舞などと呼ばれるジャンルの雅楽の歌曲です。現行では「大直日歌」「倭歌」の二曲を合わせて大和歌一具とします。

■あらまし
大和歌自体は上古に大和地方に発生した歌曲で、これに伴う舞いを「大和舞・倭舞」と呼びます。東国地方の風俗舞である「東遊」という歌舞に対して、この歌舞は名称のとおり大和地方の歌舞です。往時は倭舞が単独で演じられることはなく、大嘗会の数日に渡る儀式中で「大歌」「田歌」とともに、奏されていました。

日本三大実録には、清和天皇の大嘗会(貞観元年11月)に「田舞(多治氏)」「久米舞(伴氏・佐伯氏)」「吉志舞(安倍氏)」「五節舞(宮人)」とともに、内舎人によって倭舞が演じられた記載があります。

貞觀元年(八五九)十一月十九日庚午。撤去悠紀主基兩帳。天皇御豐樂殿廣廂。宴百官。
多治氏奏田舞。伴佐伯兩氏久米舞。安倍氏吉志舞。内舍人倭舞。入夜宮人五節舞。

『日本三代實録』朝日新聞本


大和歌(舞)の初見は「続日本紀」の宝亀元年三月の記載です。
宝亀元年三月辛卯。葛井。船。津。文。武生。蔵六氏男女二百卅人供奉歌垣。其服並著青摺細布衣。垂紅長紐。男女相並。分行徐進。

歌曰。
ヲトメラニ ヲトコタチソヒ フミナラス
乎止売良爾。乎止古多智蘇比。布美奈良須。

ニシノミヤコハ ヨロヅヨノミヤ
爾詩乃美夜古波。与呂豆与乃美夜。

其歌垣歌曰。
フチモセモ キヨクサヤケシ ハカタガハ
布知毛世毛。伎与久佐夜気志。波可多我波。

チトセヲマチテ スメルカハカモ
知止世乎麻知弖。須売流可波可母。

毎歌曲折。挙袂為節。其余四首。並是古詩。不復煩載。時詔五位已上。内舍人及女孺。亦列其歌垣中。歌数□訖。河内大夫従四位上藤原朝臣雄田麻呂已下奏和舞。賜六氏歌垣人商布二千段。綿五百屯。
『続日本紀』(朝日新聞本)参照




■往時の演奏

「大直日歌」「大和歌」両歌曲は、近代以前は大嘗祭の折に「大歌」「田歌」とともに奏される例となっていましたが、近代は大嘗祭並びに毎年の新嘗祭前日の11月22日夜に行われる「鎮魂の儀」で、唱和されています。

・大直日歌・・・節会前夜祭・大嘗祭・新嘗祭前夜祭(鎮魂之儀)
・倭歌・・・大嘗祭・新嘗祭前夜祭(鎮魂之儀)

■現行の演奏

往時の大直日歌・倭歌は延慶年間には廃絶してますが、現行につながる原型は寛延元年(桃園天皇御代)と嘉永元年(孝明天皇御代)の大嘗祭で復興されたものです。現在宮中では、毎年11月22日夜(新嘗祭前夜)に行われる鎮魂の儀において、楽師によって奏されています。

宮中以外でも春日大社※ の祭礼等で演奏されています。
※春日大社で演じられるものは「和舞」と表記しています。

▼諸役と人員
諸役 舞人 - 龍笛 篳篥 - 歌方
人数 4人 - 1人 1人 - 数人


▼装束と皆具

●舞方
上朗二人は赤袍、下搏人は緑袍・垂纓冠・笏

●歌方
浄衣・立烏帽子



■伊勢神宮の神楽で奏される倭舞

伊勢の神宮で演奏される「倭舞」もありますが、これは上記の舞とは違ったもので、神宮独特の乙女舞を指します。舞姫が緋色の長袴に白羽二重の千早をつけ、紅梅を飾った天冠を頂き、右手に五色の絹をつけた榊の枝を持って、和琴、笛、篳篥と歌にあわせて4人または6人、8人で舞うものです。

歌詞
「みやびとの させる榊を われさして
よろづ代まで かなであそばむ」




■大和歌一具の演奏作法

おおなびのうたねとり
●大直日歌音取・・・龍笛と篳篥による二重奏

おおなびのうた
●大直日歌(歌曲)
歌詞
アタラシキトシノハジメニカクシコソ
新しき年の始めに かくしこそ
チトセヲカネテタノシキヲツメ
千歳を兼ねて 楽しきをつめ

やまとうたのねとり
●倭歌音取・・・龍笛と篳篥による二重奏

●倭歌(歌舞曲)
歌詞
ミヤヒトノコシニサシタルサカキバヲ
宮人の輿に挿したる 榊葉を
ワレトリマチテヨロヅヨヤヘン
われ取り待ちて 萬代や経む


〜大和歌一具〜
Mp3_2 おおなびのうたねとり
大直日歌音取
龍笛と篳篥の前奏曲 .
Mp3_2 おおなびのうた
大直日歌
当曲(歌曲) .
Mp3_2 やまとうたのねとり
倭歌音取
龍笛と篳篥の前奏曲 .
Mp3_2 やまとうた
倭歌
当曲(歌曲) 句頭が歌う間に舞人登場