唐楽(とうがく)/管絃(かんげん)



現行の雅楽とは、いくつかの古代音楽の種目を総称した名称で、その中の一つに「唐楽」があります。唐楽は高麗楽と双璧をなして雅楽を代表するジャンルの音楽カテゴリーです。唐楽演奏の編成には、華やかな和音を発声する笙や、アルペジオを刻む絃楽器があります。その編成より、音楽に優美な雰囲気が添えられることから、雅楽の中では比較的披露されることの多い種目となっており、一般的に雅楽というと、唐楽のイメージが強いと思います。

とう‐がく【唐楽】
1 中国唐代の音楽、およびその朝鮮半島・日本に伝来したもの。
2 雅楽の分類の一。平安初期の楽制改革で、日本に伝来した1と林邑楽(りんゆうがく)とを合わせて成立。器楽合奏のみの管絃と舞を伴う舞楽とがある。左楽(さがく)。→高麗楽(こまがく)

「大辞泉」小学館


唐楽は高麗楽と同じく外来系音楽ですが、高麗楽が朝鮮半島を経由して伝来したのに対して、天竺(インド)、や林邑(ベトナム)、唐(中国)より遣唐使や来日した人々によって伝えられた音楽であり、さらにその形式を模して、古代我が国において作られた音楽をいいます。

唐楽の楽曲は6つの調子と、およそ100曲あまりの楽曲が、現存してます。

使用楽器

●管絃(器楽)・・・笙・篳篥、龍笛、琵琶・箏、鞨鼓・太鼓・鉦鼓

●舞楽(舞立)・・・管絃の編成より琵琶・箏を除いた編成(楽曲の作法によっては、用いられる場合もあります)。

唐楽(左舞)における舞人の装束は、色は朱色、金具は金色で統一され、三巴をシンボルとしてます。

現行の管絃楽曲一覧(明治撰定譜)

壱越調

しゅんのうでんのじょ・さっとう・じゅは・てっしょう・きっしょう
■春鶯囀遊声・序・颯踏・入破・鳥声・急声

 かてんのは・きゅう
 ■賀殿破・急

  かりょうびんのは・きゅう
  ■迦陵頻破・急

   じょうわ(しょうわ)らく
   ■承和楽

    ほくていらく
    ■北庭楽

     らんりょうおう
     ■蘭陵王

      こんじゅのじょ・は
      ■胡飮酒序・破

       しんらりょうおうのきゅう
       ■新羅陵王急

        かいばいらく
        ■囘盃楽

       じってんらく
       ■十天楽

      ぼさつのは
      ■菩薩破

     しゅこし
     ■酒胡子

    ぶとくらく
    ■武コ楽

   しゅせいし
   ■酒C司

  いっときょう
  ■壹團嬌

平調

おうじょうのは・しちじょう・はちじょうかんどう・きゅうじょう・きゅう
■皇麞破・七帖・八帖換頭・九帖・急

 ごしょうらくのじょ・は・きゅう
 ■五常楽序・破・急

  まんざいらく
  ■萬歳楽

    かんしゅう
   ■甘州

    さんだいえんのきゅう
    ■三臺塩急

     しゅんようりゅう
     ■春楊柳

       りんが
      ■林歌

       ろうくんし
       ■老君子

         ばいろ
        ■陪臚

         けいとく
         ■鶏徳

          きょううんらく
          ■慶雲楽

         かとうらく
         ■裹頭楽

        そうふれん
        ■相府蓮

       ようじょうのきゅう
       ■勇勝急

       ふなん
      ■扶南

     やはんらく
     ■夜半楽

    ころうじ
    ■小郎子

   おうしょうくん
   ■王昭君

  えてんらく
  ■越天楽

 まんざいらく(のべただ)
 ■萬歳楽(延只)

双調

しゅんでいらく
■春庭楽

 りゅうかえん
 ■柳花苑

  かいばいらく
  ■回盃楽

    さっとう
   ■颯踏

     じゅは
    ■入破

     しゅこし
     ■酒胡子

      ぶとくらく
      ■武徳楽

       かてんのは・きゅう
       ■賀殿破・急

      とりのは・きゅう
      ■鳥破・急

     こんじゅのは
     ■胡飲酒破

    ほくていらく
    ■北庭楽

    りょうおう
   ■陵王

  しんらりょうおうのきゅう
  ■新羅陵王急

 とりのは(のべただ)
 ■鳥破(延只)

黄鐘調

きしゅんらくのは
■喜春楽破

 とうりか
 ■桃李花

  ようぐうらく
  ■央宮楽

   かいせいらく
   ■海青楽

    へいばんらく
    ■平蛮楽

     さいおうらくのは
     ■西王楽破

      じゅっすいらく
      ■拾翠楽

       そこうのきゅう
       ■蘇合香急

        せいがいは
        ■青海波

        とりのきゅう
       ■鳥急

      えてんらく
      ■越殿楽

     せんしゅうらく
     ■千秋楽

盤渉調

そこうのじょいちじょう・さんのじょう・よんのじょう・ごのじょう・は・きゅう
 ■蘇合香序一帖・三帖・四帖・五帖・破・急

まんじゅらくのじょ・は・にじょうかんどう・さんじょうかんどう・よんじょうかんどう・ごじょう・ろくじょう
■萬秋楽序・破・二帖換頭・三帖換頭・四帖換頭・五帖・六帖

 そうめいらく
  ■宗明楽

    りんだい
   ■輪台

    せいがいは
    ■青海波

      はくちゅう
     ■白柱

      ちくりんらく
      ■竹林楽

       そまくしゃのじょ・は
       ■蘇膜者序・破

      せんしゅうらく
      ■千秋楽

     えてんらく
     ■越殿楽

    さいそうろう
    ■採桑老

   けんきこだつ
   ■劔気褌脱

太食調

ちょうこうし
■朝小子

 ぶしょうらく
 ■武昌楽

  がっかえん
  ■合歓塩

   たぎゅうらく
   ■打球楽

    けいばいらくのきゅう
    ■傾盃楽急

     せんゆうが
     ■仙遊霞

      げんじょうらく
      ■還城楽

      ばとう
     ■抜頭

    ちょうげいし
    ■長慶子

   そほうひ
   ■蘇芳非

  りんここだつ
  ■輪鼓褌脱

 そにんさんだい
 ■庶人三台

その他

  ■各調子・絃合・掻合

   ■各音取・爪調・七撥