東遊(あづまあそび)


Misu Misu
舞人 装束
四〜六人 巻纓・挿頭華
青摺の小忌衣
細剣・笏




あずま‐あそび【東遊び】 古く東国地方で、風俗歌に合わせて行われた民俗舞踊。平安時代から、宮廷・貴族・神社の間で神事舞の一つとして演じられた。歌方(うたいかた)は笏拍子(しゃくびょうし)を持ち、笛・篳篥(ひちりき)・和琴(わごん)の伴奏で歌い、四人または六人の舞人が近衛(このえ)の武官の正装などをして舞う。現在は宮中や神社の祭礼で行われる。東舞(あずままい)。

大辞泉(小学館)




●あらまし

東遊(あづまあそび)は、歌舞の組曲です。東遊の「東」は東国、「遊」は音楽を示し、その起源は上代に遡ります。東遊は、東国駿河の宇戸浜(現在の静岡県宇戸浜あたり)で当時行われていた歌舞が後に宮廷に持ち込まれたもので、10数曲で構成されています。

東遊
東遊者人王二十八代 安閑天皇六年丙辰、駿河國宇戸濱天人降現而奏歌舞、或翁見之此翁道守氏也而今世模之名東遊、一名號駿河舞云々

(「楽家録巻之三十一」 第十四 雑編 日本古典全集)より


現行の東遊は、春秋の「皇霊祭」・「神武天皇祭」等で、宮内庁式部職楽部にて奏される他、民間では多くの演奏団体で演奏される他、石清水臨時祭・大原野祭・春日祭・賀茂祭・賀茂臨時祭・祇園祭・平野祭を始め、全国の神社で行事の折にも演舞されています。

東遊の歌舞はもと東国駿河の風俗歌舞に興り、清和天皇貞観3年3月14日(861)東大寺大仏修理落成の日に、大唐高麗林邑などの外来音楽と「先令内舎人端□者廿人供倭舞次近衛壮歯者15廿人東舞云云」(三代実録)と東遊 即ち 東遊の演奏例があり、また宇多天皇寛平元年11月21(889)始めて賀茂上下の社に臨時祭を行われた時、「又習東舞近衛府官人中堪歌曲者15人為陪従云云」(年中行事秘抄ノ御記)と、賀茂神社に勅使左近衛中将藤原時平を立て、東遊を奉納せしめられたのを初例として、石清水、春日を始め近畿の各神社に皇室より奉納された歌舞曲である。
(「五線譜による雅楽総譜 巻一 歌曲篇 -芝祐泰-」-カワイ楽譜-)


東遊は応仁の乱の頃に一度廃絶してますが、近世より逐次再興されていきました。今日演奏されている東遊は、元禄7年(1695)に復曲されたものが基となっています。


▼人員

諸役 舞人 和琴 狛笛/中管 篳篥 琴持 唱和
人数 4人〜数人 1人 1人 1人 2人 数人


※舞人の数は一定しませんが、基本的に偶数員で舞います。
※古くは東遊笛(中管)と呼ばれる笛を用いていたそうですが、現行では狛笛(高麗笛)を用いて演奏されます。




▼東遊の歌曲の歌詞

■「一歌」
ハレムナ テヲトト ノエロナ ウタトトノエムナ サカエムノネエ
晴れんな 手を調へろな歌ととのへむな 栄えむの音

■「二歌」
エ ワガセコガ ケサノコトテハアハレ ナナツヲノ ヤツヲノコトヲ 
え 我が背子が 今朝の琴手は七つ緒の八つ緒の琴を

シラベタルコトヤナヲ カケヤ アマノカツノヲケヤ 
調べたることや 汝を懸山の桂の木や

■「駿河歌」
ヤ ウトハマニ スルガナル ウトハマニ ウチヨスル ナミハ
や 有渡浜に 駿河なる 有渡浜に打ち寄する波は

ナナグサノイモ コトコソヨシ
七草の妹ことこそ 良し

■「駿河歌揚拍子(同揚拍子)」
コトコソヨシ ナナグサノイモハ コトコソヨシ ハヘルトキ
ことこそ良し 七草の妹は ことこそ良し 逢へるとき

イササハネナンヤ ナナグサノイモ
いささは 寝なんや 七草の妹ことこそ 良し

■「求子歌」
チハヤフル カミノ オマエノ ヒメコマツアハレレン
千早振 神の御前の 姫小松天晴れレン

レレンヤ レレンヤ レレンヤレン アハレノヒメコマツ
レレンヤ レレンヤ レレンヤレン 天晴れの 姫小松

■「大比禮歌」
オオビレヤ ヲビレノヤマハヤヨリテコソ
大比禮や 小比禮の山はや寄りてこそ


●和琴の調絃

▼東遊で用いる和琴の調絃
絃名
音律
(英名)
下無
(F#4)
上無
(C#4)
盤渉
(B3)
黄鐘
(A4)
平調
(E4)
黄鐘
(A3)


▼東遊で用いる和琴の調絃法(絃合)
@ 五 → 三
E4 → B3
(下方完全四度)
平調 → 盤渉
(逆六律)
宮 → 徴
A 三 → 一
B3 → F#4
(上方完全五度)
盤渉 → 下無
(順八律)
徴 → 商
B 一 → ニ
F#4 → C#4
(下方完全四度)
下無 → 上無
(逆六律)
商 → 羽
C 五 → 六
E4 → A3
(下方完全五度)
平調 → 黄鐘
(逆八律)
宮 → 律角
D 六 → 四
A3 → A4
(上方完全八度)
黄鐘 → 黄鐘
(甲乙律)
律角 → 律角

※絃合の作法
はじめに高麗笛(歌笛・中管)六孔平調音を第五絃にとり、これを基音とします。この五絃から下方完全四度(逆六律)を三絃にとり、次に三絃から上方完全五度(順八律)を一絃にとり、また一絃から下方完全四度(逆六律)を二絃にとります。さらに五絃から下方完全五度(逆八律)を六絃にとり、最後に六絃からオクターブ上の音(甲乙律)をとって、調絃は完了です。




●現行の演奏作法

東遊の演奏はまず、狛笛(高麗笛)と篳篥、和琴による器楽曲「狛調子」の演奏から始まります。東遊は屋外での演奏を前提としてますので、演奏者は奏者、唱者共に立礼で行われます。和琴は奏者以外に2人が、龍角と龍跡を持ち支えます。この役を「琴持」と呼びます。

狛調子の演奏が終わると、「阿波礼」「音出」「於振」へと順次唱和・演奏され、器楽曲「歌出」の演奏が始まると舞人が順次中央へ進み、舞の所作を行っていきます。

※古くは東遊笛(中管)を演奏で用いていましたが、現行の演奏では狛笛(高麗笛)を用います。

〜東遊一具〜
Mp3_2 こまじょうし
狛調子
・狛笛・篳篥
・和琴
.器楽曲
Mp3_2 あはれ
阿波礼
・唱和・拍子
・和琴
Mp3_2 こわだし
音出
・狛笛・篳篥
Mp3_2 おぶり
於振
・唱和・拍子
・和琴
Mp3_2 いちうた
一歌
・独唱・唱和
・拍子・狛笛
・篳篥・和琴
歌曲
Mp3_2 おぶり
於振
・唱和・拍子
・和琴
Mp3_2 にうた
ニ歌
・独唱・唱和
・拍子・狛笛
・篳篥・和琴
歌曲
Mp3_2 おぶり
於振
・唱和・拍子
・和琴
Mp3_2 うただし
歌出
・狛笛・篳篥 器楽曲・舞人登場
Mp3_2 するがうた
駿河歌
・独唱・唱和
・拍子・狛笛
・篳篥・和琴
舞曲
Mp3_2 どうあげびょうし
同揚拍子
・独唱・唱和
・拍子・狛笛
・篳篥・和琴
.舞曲
Mp3_2 かたおろし
加多於呂志
・狛笛・篳篥 舞人一度退出
Mp3_2 あはれ
阿波礼
・唱和・拍子
・和琴
Mp3_2 うただし
歌出
・狛笛・篳篥
Mp3_2 もとめごうた
求子歌
・独唱・唱和
・拍子・狛笛
・篳篥・和琴
舞.曲
Mp3_2 うただし
歌出
・狛笛・篳篥 舞人諸肩袒
Mp3_2 おおびれうた
大比禮歌
・独唱・唱和
・拍子・狛笛
・篳篥・和琴




●古典文献にみる東遊

〇日本三大実録より

東遊は、天女が舞い降りて水浴をするという羽衣伝説から作られた歌舞であると「続教訓抄」にあります。また東遊演奏の初見は、『日本三代実録』貞観3年3月14日戊子条(861)の東大寺大仏供養の条にある記載のようです。

十四日戊子。於東大寺。設無遮大會。奉供養毘盧舍那大佛。勅二品治部卿賀陽親王。三品中務卿諱光孝天皇親王。四品彈正尹本康親王。正三位行中納言兼民部卿皇太后宮大夫伴宿祢善男。從四位下行右中弁藤原朝臣冬緒。左京大夫從四位下在原朝臣行平。從五位下守左衛門權佐紀朝臣春枝。散位外從五位下布瑠宿祢清貞。外從五位下行左大史三善宿祢清江。小外記正七位下御室朝臣安常等。相率向寺。監修會事。此是佛像。感神聖武皇帝天平十五年創造。文徳天皇齊衡二年。頭傾頚斷。頓落于地。年來修理。鎔鑄復舊。 是日。即便開眼佛師入篭。轆轤引上。乃點佛眼。凡其莊嚴之儀不可勝載。殿廊之柱衣以錦繍。壇場之上敷其朱紫。懸七寳樹。遶栽庭際。藻餝幡盖。排批香花。極巧盡麗。奪人目精。歴覽梵宇。處々莊餝。觀者不能厭而抛過。衲衣宿徳。振錫秀眉。威儀具足。填噎堂宇。大唐。高麗。林邑等之樂。鼓鐘肆陣。絲竹方羅。先令内舍人端□者廿人供倭舞。次近衛壯齒者廿人東舞。

「日本三代實録」 卷第五 藤原時平・菅原道真・大蔵善行・三統理平 編





〇枕草子より

清少納言はその著書である「枕草子」で、好きな舞をいくつか挙げています。彼女は東遊の舞も好んでいたようです。当時は宮中で頻繁に舞われていたのでしょうか。

舞は駿河舞 求子 いとおかし。 太平楽、太刀などぞうたてあれど、いとおもしろし。 唐土に敵どちなどして舞ひけむなど聞くに。 鳥の舞。抜頭は髪振り上げたるまみなどは、うとましけれど、楽もなほいとおもしろし。落蹲は二人して膝踏みて舞ひたる。狛がた。

「枕草子」 205段 清少納言


承香殿のまへのほどに、笛ふきたて、拍子うちて遊ぶを、とくいでこなむと待つに、有度浜うたひて、竹の籬(ませ)のもとにあゆみいでて、御琴うちたるほど、ただいかにせむとぞおぼゆるや。一の舞の、いとうるはしう、袖をあはせて、二人ばかりいできて、西によりて向かひてたちぬ。つぎつぎいづるに、足踏みを拍子にあはせて、半臂(はんぴ)の緒つくろひ、冠衣の頸など、手もやまずつくろひて、
「あやもなきこまつ」
などうたひて舞ひたるは、すべてまことにいみじうめでたし。


大比禮など舞ふは、日一日見るとも飽くまじきを、終てぬるこそいと口惜しけれど、又あるべしと思ふはたのもしきに、御琴かきかへして、このたびやがて竹の後から舞ひ出でて、ぬぎ垂れつるさまどものなまめかしさは、いみじくこそあれ。掻練の下襲など亂れあひて、こなたかなたにわたりなどしたる、いで更にいへば世の常なり。

「枕草子」 135段 清少納言



●近年の上演

東遊一具は、最近では2018年3月3日に、国立劇場で宮内庁御式部職楽部により上演されました。